シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

バレバレ!「本当に忙しいのか言い訳なのか」見分ける3つの方法

一度に、2つや3つのことを同時進行させることが得意な女性と違って、男はマルチタスキングが大の苦手。なので、仕事や用事に追われて忙しくしていると、男はつい集まりやデートに誘われても、“忙しい”と一言で言い訳しがちです。

ところが、彼が本当に忙しいのか、ただ単に言い訳しているのか見分けるのって、意外と難しいですよね!? そんな悩める女子のために、“彼が本当に忙しいのか、言い訳しているだけなのか見分ける3つの方法”をお届けしたいと思います。

これを読めば、見込みのない男性にアプローチする手間が省けるかもしれませんよ!

 

■1:断る言い訳がありがちだったり、支離滅裂

いつも彼の言い訳が、休日出勤だったり、家族と過ごすからといった誰にでも当てはまりそうな言い訳だったりしたら、望みは薄いと判断するべきです。本当に、何か用事があったり忙しかったりして無理なのなら、納得いく理由が返ってきます。

彼が、1時間ほどで済みそうな用事を言い訳にお誘いを断ったりするなら、彼に期待するべきではありません。支離滅裂な断り文句に、惑わされないようにしたいものです。

 

■2:言い訳すらしない

もしかしたら、言い訳してくれるだけマシかもしれません。なかには、言い訳を考えるのすら面倒で、単に「その日は無理!」で片づけてしまう輩もいます。なぜ誘いを断るのか説明もできない人に、あなたの貴重な時間を1秒たりとも無駄にするべきではありません。

どうしても彼を諦め切れないのなら、少し時間を置いて、もう一度だけトライしてみてください。きっと結果は同じだと思いますが、再度試して決定的にダメだと分かったら、あなたも潔く前に進めるのではないでしょうか。

 

■3:断るときに、他の女の影をチラつかせる

誰だって、お誘いを断った後に相手と気まずくなるのは嫌なので、断る言い訳に、それとなく他の異性の影を漂わせることがあります。ハッキリとは言わないけど、「他に興味を持っている人がいる」とか「君に興味はないよ」と暗にニオわせるわけです。

あなたが見るであろう彼のSNSに、女友達と一緒に写った写真を載せたり、グループ写真を上げいつも週末は友達との予定で忙しいことをアピールしたりする。それはあなたを傷つけずに、それとなく本音を伝えようとしているのです。

 

女は相手のことを好きだと、つい彼の適当な断り文句さえ鵜呑みにしがちです。そんなときは、同じことが自分の女友達に起きていたら、何てアドバイスするか客観的に考えることも効果があります。見込みのない相手の言葉に振り回されないよう、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【画像】

Dari Ya/Shutterstock