シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

バツイチ男子急増中!配慮したい「こじれた彼の隠れた苦悩」3つ

バツイチ男子って、増えてますよね。

いまや、3組に1組が離婚する時代ですから、あなたの周囲にもゴロゴロといるのでは?

結婚生活に1度失敗していることから、婚歴がない独身男子に比べ、苦悩も多そうなバツイチ男子ですが、実際のところ、その心中ってどんな感じだと思いますか?

今回は、『gooランキング』が発表している調査情報も参考に、バツイチ男子が密かに抱えている苦悩を3つお伝えします。

バツイチ男子を狙っている女子は、こんな心境に配慮してあげると、グッと距離が近づくかもしれません!

 

■1:再婚を言い出しにくい

古くからの友人知人は、婚歴があることを知っている人も多いので、再婚したくてもなかなか言い出しにくい傾向があるよう。

「離婚経験者が答えた“バツイチあるある”ランキング」でも、「再婚が決まると“今度は大丈夫?”とからかわれる」と大多数が意見し、3位にランクインしています。

結婚を前提に交際を開始したカノジョがいても、そのことをなかなか周囲に伝えたがらないバツイチ男子もいるかもしれませんね。

「なんで、公にしてくれないの!? 私のこと、遊びなの!?」と憤慨したい気持ちを抑えて、そっと見守ってあげる懐の深さが必要かもしれません。

 

■2:恋愛に臆病

結婚生活が壮絶な破綻を迎えた男性ほど、次の恋愛にも臆病になっているかも。

女性の怖~い一面を知ってしまったがゆえに、恋愛への期待が薄れているバツイチ男子もいそうです。

いい雰囲気になっているのに、なかなか告白してこないバツイチ男子には、告白しやすいように誘導してあげることも、大切かも。

どんなに過去の結婚が壮絶だったとしても、あなたが前妻とは違う女性だってことに、気付いてほしいですよね。

同ランキングでは「失敗を恐れるあまり、恋愛に臆病になる」という意見が殺到し、2位にランクインしています。

 

■3:結婚願望がない

「もう結婚なんてコリゴリだっ!」と、関係を進展させたがらないバツイチ男子もいるかもしれません。

交際相手がいても、結婚までは考えたくないと密かに思っている男性もいるようなんです。

同ランキングでは「結婚に甘い幻想を抱かない」が1位に選ばれていることからも、そもそもの結婚願望が薄れているのも、バツイチ男子の特徴といえそう。

でも、最初の期待値が低い分、2度目の結婚は、意外と簡単に良好な関係が築けるものかもしれません。

 

いかがですか?

あなたがもしも、バツイチ男子を愛している場合には、その複雑な心中を察してあげることも大切でしょう。

「俺のこと、わかってるな~」と思ってもらえれば、心の距離もグンと近づきますし、あっという間に再婚まで至るかも。

シングルアゲインな毎日を満喫しているように見える男性でも、その心の中には苦悩を抱えているかもしれませんよね。

彼とスイートな時間を築いていきたい女子は、ぜひ、大きな心で包み込んであげてくださいね。

 

【参考】