シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ハードワーカーな彼の「オフタイム」3位シゴト、2位テレビ…1位は?

プライベートな時間を犠牲にして、毎日毎日“シゴト”に明け暮れている人が、あなたの職場にもいませんか?

ひと月の残業時間が80時間を超えるハードワーカーに対し、「いったい、どんな私生活を送ってるの!?」と疑問を抱いている人もいるのでは?

ハードワーカーの彼に密かに胸キュンしている女性は、恋が実った暁にはどんなデートができるのかも気になりますよね。

インテリジェンスとネクストが20~40代までの有職者1,000名に実施した共同調査によって、ハードワーカーたちの知られざるプライベートな面が明らかに。

さっそく、同調査を参考に、“ハードワーカーたちの意外なオフタイムの過ごし方トップ3”をご紹介します。

 

■3位:休日も仕事

ハードワークをしている人に対し休日の過ごしかたを聞いてみると、19%が選択し3位に選ばれたのは「残った仕事をする」でした。

「きっと、私生活なんてナイのでは?」というイメージ通り、およそ5人に1人のハードワーカーは、休日でも仕事をしている実態が改めて浮き彫りに。

やはり、ハードワーカーは休日も返上して働いている人が多いんですね。

 

■2位:テレビやDVD鑑賞

続いて、21%が選び2位になっていたのは、「テレビやDVDを見る」でした。

平日の疲れを癒すべく、休日には出歩かずに家で英気を養いたいと考えるハードワーカーも少なくないよう。

ハードワークを常としている男性と交際すれば、週末はお家デートというカップルもいそうです。

美味しい手料理を振舞ってあげれば、さらに彼の疲れが吹き飛ぶかも!?

 

■1位:買い物

そして、29%のハードワーカーが選び1位になったのは、「ショッピング」でした。

平日の夜には残業ばかりで、買い物すらままならない……というのが、ハードワーカーたちの実情のよう。

およそ3人に1人が、週末に買い物をしているよう。

洋服などを買いに繁華街に出かけるいわゆる“ショッピング”とは別に、食品や日用品を買いに出かける日常的な買い物に追われるハードワーカーも少なくなさそうです。

 

以上、“ハードワーカーたちの意外なオフタイムの過ごし方トップ3”をご紹介しましたが、いかがですか?

平日には自分の時間が取れない分、限られた休日を少しでも有効に使おうとしているハードワーカーも少なくないでしょう。

あなたが胸キュンしている彼も、ハードワーカーですか?  ひょっとすると、彼との交際後はこんな週末デートが待っているかもしれませんね。

 

【参考】

あわせて読みたい