シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ハッ…溜まってるかも!12月1日施行「ストレスチェック制度」で何が変わる

突然ですが、あなたは今ストレスが溜まっていますか?

働き女子の皆さんの多くは、「溜まってない……わけがない!」と思うのではないでしょうか。折しも、12月1日からは、厚生労働省の新法『ストレスチェック制度』が施行になりますね。

そこで今回は、同省のウェブサイトなどを参考に、ストレスチェック制度と、気づきにくいストレスへのサインについて検証してみましょう!

 

■ストレスチェック制度が12月から施行

今年12月1日から実施される『ストレスチェック制度』とは一体何でしょうか?

厚生労働省ウェブサイトによると、『ストレスチェック制度』とは、会社が定期的に従業員のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレス状況についての気付きを促す制度を指します。

制度の義務化でメンタルヘルスの不調リスクを低減させ、検査結果を集団ごとに集計・分析し職場におけるストレス要因を評価、職場環境の改善につなげ、ストレスの要因そのものも低減させる目的を持つもの……だそうです。

これまで、労働時間の長さや休暇の取りにくさなどで社員が精神的不調を訴えても“自己責任”の一言で片付けられがちでした。そんな不条理を防ぎ、労働条件の遵守を企業側に促すためにも、法としての『ストレスチェック制度』施行は有効といえるでしょう。

なお、ストレスチェックの実施の頻度は1年毎に1回となる予定だそうです。

 

■ストレスによる意外な症状とは

『ストレスチェック制度』で恩恵を受ける働き女子も多いでしょうが、ストレスは日々溜まるもの。1年毎1回ストレスの検査があっても追いつかない恐れがあります。

だからこそ自分の心と体は自分で守るべき。海外の健康情報サイト『Prevention』の記事を参考に、気づきにくいストレスのサインをご紹介しましょう。

(1)生理痛

「最近なんだか生理痛がひどい」という女性は注意。ハーバード大学の研究によると、ストレスが溜まっている人は生理痛になる確率が2倍高いそうです。

(2)悪夢

ストレスで睡眠に障害が出て就寝中目覚めることが多くなり、悪夢が増えることがあるそうです。

(3)ニキビ・吹き出物

皮膚科医によると、ストレスは肌の炎症を促し、ニキビや吹き出物ができる確率が増えるそうです。「ニキビ体質じゃないのに突然……」という場合は要注意。

(4)皮膚の痒み

日本で行われた研究によると、皮膚の痒み症状を持つ人がストレスを抱えている割合は、症状がない人よりも2倍高いそうです。

(5)アレルギーの悪化

研究によると、不安を感じるとストレス症状の悪化傾向が高くなったとか。ストレスホルモンはアレルゲン物質の生成を促すそうです。

 

以上、ストレスチェック制度と気づきにくいストレスのサインをご紹介しましたが、いかがでしょう?

ストレスチェック制度に頼り切らず“自分ストレスチェック”を実施しましょう。そのうえでエクササイズやマッサージ、アロマセラピーなど、自分なりのストレス解消法を実践しましょう!

 

【参考】

あわせて読みたい