シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ネット婚活で「悪い男」に騙されない3つのポイント

ここ最近、男女の出会いのきっかけは「ネット」が主流になりつつあります。中でも熱いのは、マッチングアプリなどのネット婚活。アラサーが今最も恋人とであるツールの一つ、ともいえるでしょう。今回は、ネット婚活での注意点についてご紹介します。

 

出会いはたくさん・・・しかし悪い男にご用心!

 

マッチングアプリやネット婚活の怖い所。それは、真面目な出会いを求めておらず、一夜の体目的だけのために利用する悪い男もたくさんいるところ。

それだけにとどまらず、最近では、お金を女性から持ち逃げする男や、マンション投資、宗教に勧誘してくる事例もあるのだとか。そんな悪い男に騙されないように、次の3点に注意して利用しましょう

 

プロフィールが完璧すぎる男にご注意

 

イケメンすぎるプロフィール写真、高学歴大学卒、年収1000万円以上の高収入、「海外出張が多いです」との海外アピール……。プロフィールを見て「超いい男発見、ラッキー!」と思ったあなたは要注意。「そんな良好物件が婚活しているわけがない!」と警戒したほうが正解です。

私たち婚活女性ならつい目がくらんでしまいそうですが、華やかすぎる経歴を安易に信じてしまうのは危険。

実際、筆者が婚活アプリをパトロールして、プロフィールが完璧な男に接触したことがあります。すると、メッセージ交換の段階で「マンション投資に興味ありませんか」という、わかりやす過ぎるシッポを出してきたのです。他にも、体目的の既婚者、自己啓発セミナーの勧誘などの被害も聞かれます。

もちろん、本当に完璧なプロフィールの男性も存在します。きちんと誠実に距離を詰めてくれるのかどうか、見極めはしっかりしていきましょう。

 

すぐにLINEなど個人情報を聞いてくる

 

マッチング後のメッセージ交換で、すぐにLINEなど個人情報を聞いてくる男性には要注意。知り合ったばかりの女性に対して失礼な行為ですよね。

焦ってLINEを聞いてくるのにはワケがあり、男性は2通目以降のメッセージは有料になる、という背景もあるうようです。真剣な出会いを求めるのに、メッセージ代をケチるのも、ちょっとセコイ。

また、LINEのほうが女性が心を開きやすく、口説きやすいという理由もあるのでしょう。いずれにせよ、いきなりLINEを聞いてくるのは慣れた手口。あなたの魅力に惚れこんでいるとはいえ、いい男性かは疑問が残ります。個人情報は、ある程度メッセージを交換してから開示するのが安全でしょう

 

すぐに「結婚したい」など甘い言葉をかけてくる

 

会ってすぐに「君とは結婚を考えている」など、甘い言葉を使う男性には要注意。悪い男たちは、私たち婚活女性が「結婚」が喉から手が出るほど欲しいと知っています。

結婚という言葉の裏で、一夜をともにしたり、お金を要求したり、よからぬ世界に引きずり込もうという目論みもあり得ます。メッセージの段階で「結婚」とちらつかせる男性はもってのほか。言われても、熱を上げないようにしましょう。

もちろん、本気で結婚したい男性もたくさんいるでしょう。しかし誠実な男性ほど、本命女性にはすぐに手を出さず、大切にします。甘い言葉をかけられても、時間をかけることをおすすめします。冷静な判断をしていきましょう。

 

判断は冷静に!不安ならば友達にも相談を

 

以上、「警戒しすぎィ!」という感想を持った方もいるかもしれません。しかし、顔が見えないネットでの出会いは、用心してしすぎることはありません。少しでも男性に不安を感じたら、一人で判断せずに、友人に相談してみるのもいいでしょう。

マッチングアプリから結婚にいたったカップルは増加中で、最高のパートナーと出会えるツールです。ポイントをおさえて、積極的にチャレンジしてみてくださいね!