シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ニオイや痒み、ニキビまで!?夏の頭皮トラブルの原因

息苦しいくらいに蒸し蒸しと、暑い日が続いていますね。たくさん汗をかき、今まで気にならなかったところからのニオイや痒みが発生していませんか。たとえば頭皮。うっかりそのままにしておくと、思わぬトラブルに繋がってしまうかも!?

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report


■夏の頭皮トラブルの原因

夏に多い頭皮のトラブルには、主に3つの原因があります。

●紫外線

頭皮も髪も、肌同様に日焼けによるダメージを受けます。太陽に当たっていると、頭頂部はなんと最高55度ほどまで熱くなることもあり、頭皮が炎症したり、抜け毛の原因にもなります。

●皮脂

もともと頭皮は皮脂が多いのですが、夏になると他の季節に比べ約2倍も量が増えるといわれています。
そのうえ、シャンプーやリンスなどの洗い流しが足りないなどで、落ち切らなかった皮脂が酸化すると、新たな皮脂が重なって、ますます毛穴がふさがり、ニオイや抜け毛、ぶつぶつしたニキビのような炎症を引き起こしてしまいます。

●汗

汗にはたくさんの塩分が含まれます。海で泳いだあと、髪がゴワゴワになった経験は誰しもあるのではないでしょうか。頭皮も同様に、汗が乾くと、頭皮は乾燥し毛穴がめくり上がり、さらなるダメージを受けやすい環境になってしまうのです。


■夏の頭皮トラブルを防止するには

皮脂が多すぎてシャンプーの泡立ちが悪いときは、1度お湯だけで予洗いをしましょう。また、髪を濡らす前にブラッシングするのも効果的。
洗浄力の強い薬剤が入ったシャンプーは避け、たっぷり泡立てた「泡」で皮脂や汚れを浮かすようにします。シャンプー剤はしっかり洗い流し、ドライヤーで髪を乾かす際は、熱風を当てすぎると地肌や髪を傷つけてしまうので、短時間で終わらせる意識で行いましょう。


紫外線が同じ箇所に当たらないよう、髪の分け目を定期的に変えることもポイント。日差しが強いときは、日傘や帽子を被るなどで直接紫外線を浴びないようにしたいもの。肌にUVクリームを塗るように、髪にもUVスプレーなどの対策は忘れずに。夏に受けやすいダメージから、頭皮と髪を守りましょう!


(ささきひろこ)

「なんかクサイ?」頭皮と髪の臭いにご用心!

【参考】
自宅でできる地肌(頭皮)ケア 3つのポイント – P&G
夏の頭皮について – miq阿佐ヶ谷店