シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ドキドキ経験から逆算!オトコが「本命の女」認定する瞬間とは…

ステキな男性の“本命の女”になりたいですよね。

しかし、具体的に何をすればいいか、イマイチ分からないもの。

そこで今回は、『Menjoy!』が777人の20~30代男性を対象に実施した「女性のことを“この人が俺の本命”と思う瞬間はどんなときですか?」(協力:クリエイティブジャパン『ボイスノート』)の結果を、ランキング形式で発表していきます。

 

■3位:性的魅力がある

下半身がウズく(42人)、いいニオイだと思う(32人)など、性的魅力を感じるときに「本命の女」と思う男性は少なくないようです。

また、手をつないだときの感覚(22人)やキスしたときの感覚(28人)、身体の相性がバッチリ(28人)など、踏み込んだ関係にならないと本命かどうかを判断できない人もいるようです。

女性としては「そんなエッチな目で見ているのね!」や「カラダで本命かどうか決めるなんて!」と怒りたくもなるでしょうが、これが現実なんです。

 

■2位:性格が合う

話がとても合う(100人)、趣味が合う・好きなものが同じ(59人)など、自分と性格が合う人を本命だと感じる男性が多いようです。

相手の好みに合わせてイメチェンをしても、「話が盛り上がらないなあ」や「この子、俺とは住む世界が違うかも」と思われてしまったら、進展は望めないというわけです。

 

■1位:これといった理由はなく、感覚

票を多く集めた回答は、見るとドキドキする(137人)、特になし(85人)、直感(64人)など。ドキドキはするけど、ドキドキする理由が分からない……つまり、感覚的に「この人が俺の本命!」と思うわけです。

男性芸能人がインタビューで、「彼女を見た瞬間、この人と結婚すると確信した」と口にすることがありますよね。同じようなことが、一般人の世界でも多々あるということです。

 

いかがでしたか?

このランキング結果を見ると、「具体的に何かをする必要はない」とお分かりでしょう。

自分らしく生き、一人でも多くの男性と関わることが、本命の女になる近道ではないでしょうか。

 

【画像】

Hrecheniuk Oleksii / Shutterstock