シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ドキッ…オフィスで悪目立ち?「赤リップ」を自信もってつけるテク

“自立した芯の強い女性”というイメージを演出する“赤リップ”。強くてセクシー、そして仕事ができそうな印象ですよね。普段ナチュラルメイクの筆者もあこがれて試してみたのですが、どうも似合わない……。スタイリストの山田康子氏にうかがったところ、「赤リップをするならここに注意して!」とアドバイスをいただきました。

赤リップで自信をまとい、仕事もプライベートも成功につなげていくために注意すべきポイントを見てみましょう。

 

■1:化粧は全体的に「しっかりめ」を心掛けて

「普段ナチュラルメイクの人が赤いリップを試すとき、ほかのパーツもリップにあわせてしっかり目のメイクにするよう心掛けてください。普段ナチュラルメイクだと、しっかりメイクには少し抵抗があるかもしれませんが、ふわっとしたメイクだと赤リップだけ浮いてしまいますのでご注意を」

セクシーな演出したいときは アイラインを目尻にそってキリッと上げて描きましょう。 頬はチークを強く入れすぎないように。丸顔の人はパウダーファンデーションと茶系のシャドウをブラシで混ぜ、自然な色を作ってあごのラインにそって影をつけると、赤リップの似合うキリッとした印象になるそうです。赤リップで気を引きしめれば、いい仕事ができそうな気がします。

 

■2:服装はモノトーンでまとめましょう

「カッコいいイメージですので、白黒やグレーなどの無彩色でまとめると、全体的なイメージが統一されてきます。ピンク系を着て赤リップにしてしまうと、赤が浮いてしまいます」

あくまでも打ち出したいイメージは“かっこよさ”ということと、リップ以外の部分に色味をもってくると色同志が戦ってしまうのだとか。シンプルなファッションに赤リップがカッコいいのですね! 仕事にいくときはネイビーの服などを合わせてみると少し柔らかな印象にもなりそうです。

 

■3:赤リップを買うときは何種類か試してから購入して!

「赤リップと一言でいっても、オレンジ系やボルドー系などいろいろありますね。肌の色によっても“似合う赤”は変わってきますから、いくつか試してみると自分に似合う色が見つかると思います」

パーソナルカラー診断などを受けてからいけばより自分に合った色が選べそうですが、もし自分に似合う色がわかなければ会社帰りにでもデパートの化粧品売り場に寄って、アドバイスをしてもらいましょう。

 

以上、自分に似合う“赤リップ”についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

仕事ができそうに見せられる赤リップ、お仕事シーンにも上手に取りいれてみてくださいね!

 

【取材協力】

山田康子(やまだ・やすこ)・・・フォルムファッション、パーソナルカラー講座をハワイにて修了。スタイリストとして三菱自動車や花王石鹸などの企業用ポスター・雑誌などでスタイリストを務める。恵比寿QEDクラブのブライダルオフィスメンバーとして活躍し、その経験から『親の役目とあいさつ、謝辞』(2012年・主婦の友社)の取材を受ける。2014年には寺島しのぶ、寺島進が主演の短編映画『サベージナイト』に衣裳スタイリストとして参加。現在はカラーやフォルムを上手に取り入れるファッション講座を企画中。

あわせて読みたい