シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

デートで割り勘するのはなんで?脈なしなの?男性が奢らない理由5つ

1:デートで割り勘はあり?脈なしってこと?

みなさんはデートで割り勘をする男性のことをどう思いますか?

今回『Menjoy!』では、138人の未婚女性を対象にアンケートを実施してみました。

その結果、90人が「アリ」、48人が「ナシ」と回答。約65%の女性がデートでの割り勘に対して肯定的という結果となりました。

半分以上の女性はデート代が割り勘になることに不満はないようです。それでは、デートで女性にお金を半分出させる男性の心理とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

本気の女性相手だったら奢る? デートを割り勘にするのは脈なしだから? 今回は、デートの際、男性が奢ってくれない心理などについて見ていきましょう。

 

2:初デートで割り勘する男性心理5つ

デートの際に「絶対に割り勘派!」という男性に、その本音を聞いてみました。

(1)男女平等だから

そもそも、どうして男性が女性に奢らなければいけないのか。それ自体に疑問をもっている男性も多いです。

男女平等と謳っている世の中であるのに、結局女性ばかりが得しているのはおかしい、男女平等だというのなら、女性だってデート代を払うべきという確固たる思から、デート代は断固割り勘にする!という男性も。

まぁ、その考えに納得できるかどうか、そういうことを言う男性を好きになれるかどうかは別として、言っていることはわからなくもありませんね。

(2)お金に余裕がないから

お金があるならこっちが出すけど、余裕がないから割り勘にさせてもらっているといった男性も。

しかし、「あれば出すよ」と言う男性に限って、「基本的にいつもない」もの。これは単に「デートで奢るためのお金を予算立てしていない」だけ。自分が飲みに行ったり趣味に遣ったりといったお金はあるわけですし、臨時収入が入れば、デート以外のことに遣ってしまいます。なので、永遠に割り勘でしょう。

(3)頻繁に会いたいから

頻繁に会いたいから、あえて割り勘にしているという男性も。できればカッコつけたいし、奢りたい気持ちはあるけれど、それでは自分の財布がもたないということを本人が自覚しているのででしょう。

「たまに会うくらいの関係であれば奢るけれど、頻繁に会うとなると毎回自分が払うのはしんどいので、あえて最初から会計を割り勘にする」という人も少なくありません。このケースであれば、脈ありといえそうです。

(4)脈なしだから

とはいえ、男性は「いいな!」と思った女の子に対しては奢るといった人がほとんど。デートの際、最初から割り勘にするのは、正直脈なしの可能性も高いです……。

(5)単なるケチだから

デートだから、女子だからといったことは一切関係なく、後輩や友達相手にも1円単位で割り勘するという男性も一定数います。こういうタイプの場合、脈あり、脈なしはデートのお会計だけでは図れないかもしれません。しかし、「性格がケチなだけで脈はある」とわかったところで嬉しいかというと、んー、どうでしょうかね。

 

3:初デートで割り勘する年上男性にガッカリ…残念なお会計エピソード5つ

(1)人生で初めてのデートで…

「大学生のころ付き合っていた社会人の男性との初めてのデートが、某ファミレスだったんです。私はお腹が空いていなかったのでドリンクバーだけにしたんですが、彼はお腹が空いたと言ってガッツリと食べだしたんです。

合計の会計は3000円弱。お会計はどうするのかなと思っていたら、“Aちゃんは1000円でいいよ”と言われました。世間知らずだった私は、半分以上出してくれるんだ~なんて思っていたんですが、あとでよくよく考えると、私はドリンクバーしか頼んでいなかった……」(Aさん・23歳女性)

当時は「これが大人の包容力か~」と感じていたAさん。しかし現実は全然違いますよね! だってファミレスのドリンクバーって、たいがいワンコイン以下ですから。

(2)仕方なくデートしてあげたのに…

「会社にしつこく食事に誘ってくる年上の男性がいて。本当はぜんぜん興味なくて断っていたんですけど、あまりにもしつこいので、1回行けばおさまるだろうとおもって予定を合わせたんです。

で、当日。向こうから熱心に誘ってきたわけですから、当然、奢ってもらえるものと思っていたのに、まさかの割り勘! ありえないんですけど! 話もつまんないし、好きでもない男の顔を見ながら愛想笑いをしている2時間……時間もお金も無駄でした」(Mさん・25歳女性)

「しつこい」「年上」と奢ってくれそうなフラグがたくさん立っているのに、それでも割り勘……。事前に確認できないので難しいですよね。

(3)稼いでるって自慢していたのに…

「起業したサークルの先輩から突然、食事に誘われたんです。それほど仲がいいわけじゃなかったので、少しびっくりしましたが、せっかくなのでとご一緒することに。

でも、先輩が話すことといえば、最近の仕事の自慢話ばかり。しかも、羽振りがいいと言っていたので、てっきりご馳走してくれるのかと思っていたら割り勘。え?って思いました。わざわざ仲良くもない後輩の私に声をかけてきたのは、きっとケチで、まわりに話を聞いてくれる人がいなかったからでしょうね」(Cさん・22歳男性)

デート以外の場面でも、残念なお会計が存在するのですね。

(4)御曹司なのに…

「有名お菓子メーカーの御曹司の先輩は、実家は超お金持ちだし、持っているものはブランドアイテムばかり。食事に誘われたときには、脈ありなのかもって思って、ちょっと舞い上がっちゃいました。でも、自慢話ばっかりだし、笑い方がなんか卑屈っぽくて、こりゃ付き合えないなぁって思ってしまったんです。

でも、奢りだからいいかって勝手思っていたら、まさかの1円単位の割り勘でした(笑)。私が好意的でないことがバレちゃったのかもって思いました。やっぱり、財を成す人は、無駄なお金は使わないものなんでしょうかね」(Uさん・27歳女性)

お金持ちというのは、思っているよりも金銭感覚にシビアだったりするものです。

(5)カードで一括と思いきや…

「憧れの先輩との初めてのお食事。お会計もカードでスマートに支払ってくれました。さすが年上はすてきだなぁって思っていたんですが……。

お店を出た瞬間、“じゃあ、Iちゃんは半分の〇〇円ね”と言われて。あ、そういうことねと(笑)。お店の人にカッコつけたかっただけか、カードのポイントが欲しかったんでしょうね。ちっちゃい男だなと思いました」(Iさん・28歳女性)

このように、それまでカッコ良かった憧れの人でも、お会計時の振る舞いひとつで恋愛対象圏外になってしまうことも。

 

4:初デートで割り勘はありえない?

初デートでの割り勘、みなさんはどう思いますか?

今回のアンケートでは「あり」という意見も多かったですが、筆者の個人的意見としては、男性から誘ってきたデートであれば、全額とはいわないまでも、少しは多めにデート代を出してもらいたいものですよね。