シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

デキる人はココが違う!生産性が劇的アップ「仕事が捗るデスク」とは

職場でのあなたのデスク周りはどうなっていますか? 整理整頓されている、可愛い文房具に囲まれている、書類がどっさり……など、人それぞれ特徴がありますよね。

仕事がデキる人は、デスクの整理整頓ができているというイメージがありますが、実際、どのような状態なのでしょうか?

企業にて人事を担当してきた経験から、仕事がデキる人のデスクの特徴と整理整頓のコツをご紹介しましょう。

 

仕事がデキる人のデスクは“何もない”

仕事がデキる人のデスクは、整理整頓されているというレベルを超えて、“何もない”状態になっていることがあります。

本当に必要なパソコンしか置いてない……。そんな状態になっている人は、仕事がデキる人が多いのではないでしょうか?

 

何も無い方がいい理由とは

本当に仕事に必要なものしかデスクに置かないという状態が、一番仕事の生産性を上げることは間違いありません。なぜなら、必要のない物がデスクにあるだけで気が散ってしまうためです。

お菓子を開けてしまったり、ちょっとメイクが気になって鏡を見てしまったり、書類がすでに山積みだからさらに書類が溜まっても気にならなくなってしまったり、本来しなければならないことに集中できなくなってしまいます。

「整理整頓されているし、物があっても問題ない!」と思うかもしれませんが、視界に物がある限り、脳はその物を認識しているため、ふとした瞬間にその物に気がうつってしまったり、必要以上の情報が脳に送られているため、集中力がとぎれてしまう可能性もあるんです。

図書館などの勉強スペースで集中できるのは、“机”しか無いから。その状態をオフィスのデスクでも意識して創りあげましょう。

 

デスク周りから物を減らすコツとは

まずは“今日絶対仕事で使用する物”以外をデスク上から引き出しなどにしまいましょう。そして、帰宅する際は、“今日一度も使用しなかったもの”をさらに片付けてしまいましょう。

ただそれだけで、常にデスク上には必要最低限のものしかない状態にできます。

デスク周りにあまり収納するスペースが無い場合は、共有で収納できる棚を活用したり、不必要な物はテキパキと処分しましょう。

 

以上、仕事がデキる人のデスクの特徴と整理整頓のコツをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

いきなり何もない状態にするのは難しいかもしれません。しかし、書類がごちゃごちゃとたまり、お菓子などの私物で散らかっていると、どうしても集中がとぎれ、違うことを考えてしまう時間ができてしまいます。

時間を効率的に使うためにも、余計な情報を頭に入れないように工夫したいですね。さあ、今日からぜひトライしてみては。

 

あわせて読みたい