シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ツラい貧血はアレで鉄分補給!世界的マクロビシェフの簡単「お手当て食」

貧血対策にはレバーがよいといいますが、好き嫌いがありますよね。マドンナをはじめ、ゴア元副大統領、スティング、ブラッド・ピット、ガイ・リッチーなど、多くのセレブに食事を提供してきたマクロビオティックコーチの西邨マユミさんは、

「鉄分補給に食べてほしいのは赤身肉やレバーではありません。鉄分やカルシウム豊富なひじきを利用することで、鉄分が補強できることはもちろん、体内のミネラルバランスも整えることができます」と話します。

今回は、女性に必須な貧血対策とひじきのレシピを、西邨さんの著書『キレイな人は「その一口」を大切にする 正しい食欲のつくり方』からご紹介していきます。

 

■鉄分補給の前に……

鉄分を補給しようとする前に、白い砂糖をやめることを考えてみてください。

「ミネラル分を失った砂糖を食べると、身体の中のミネラルバランスが崩れ、たとえカルシウムを摂っていたとしても、きちんと吸収されることなく排泄されてしまうからです」(西邨さん)

簡単にいえば白い砂糖が鉄分補給の邪魔をすることになり、いくら食べても無駄になってしまうということ。鉄分を補う前に、意識してみてください。

 

■ひじきとレンコンの炊き合わせ

貧血対策に週2~3回少しずつ食べたいひじきのレシピ。簡単に作れる健康食です。

【材料】

・乾燥ひじき・・・1/4カップ

・ごま油・・・小さじ2

・レンコン(薄いいちょう切り)・・・1/4カップ

・醤油・・・小さじ1と1/2

・水・・・1/2カップ

 

【作り方】

(1)乾燥ひじきは水(分量外)で戻す。

(2)鍋にごま油を熱し、水気を切ったひじきを炒める。

(3)全体に油をなじませたらレンコンを加えて、さらに1分ほど炒める。

(4)水を加えてフタをし、8分ほど煮る。

(5)醤油を加えたら水分がなくなるまで10分ほど煮る。

(6)好みで煎りゴマや生姜汁を加えて、できあがり。

 

このほかにもアーモンドや無漂白の干しあんずも、貧血対策には効果的だそう。意識して鉄分を摂取するようにしましょう。

 

【参考】