シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

チラ見えにギョッ!チチ毛もヤバイ「冬の剃り残し」要注意パーツ4つ

「冬はムダ毛のお手入れをサボれる~」なんて、喜んでいるそこのあなた! 冬こそ、にわかに急増し始めるのが、“ムダ毛残念女子”たちです。

手抜きがごまかせない要注意パーツのお手入れをサボってしまうと、同性はもちろん、男性陣から壮絶なブーイングを受けることに……。1度貼られた“残念女子”のレッテルは、なかなか剥がすことができませんよ。

そこで今回は、“冬でも剃り残し要注意パーツ”を4つご紹介します。

 

■1:指毛

多くの女性がスルーしがちなのが、ずばり指毛。男性は女性がせっかくキレイなネイルを施していても、1度指毛が目に入ると、もうそこにしか目がいかなくなってしまうのだとか!

さらに、ネイリストの方からは「フットネイルに気を配るよりも、足の指毛をどうにかするべき」というキツ~い指摘が……。

 

■2:乳輪周り

乳輪周りに密かに生息する、チチ毛たち。ワキ毛同様に、男性が再起不能に陥るほどの莫大ショックを与えてしまいます。

細いうぶ毛タイプから、太くて濃いタイプまで個人差がありますが、デリケートな部位でもあるため剃ったり抜いたりなどの自己処理は炎症を起こしやすく、避けた方が賢明かも。シェーバーを利用する際には、クリームを使うなど注意しながら行ってくださいね。

あまりに気になるときには、クリニックでの医療レーザー脱毛を検討するという手もあります。

 

■3:うなじ

「冬は髪をアップにすることがないから」なんて、許されませんよ! 男性がついつい見てしまう女性のパーツ、“うなじ”。冬でもマフラーを巻く瞬間や、食事や料理の際に髪を束ねる時など、うなじが見られる機会は十分にあります。

1人ではお手入れしにくい部位ですが、筆者のおススメは床屋さん。床屋さんといっても女性の方が担当してくれる所もありますし、フェイスはもちろん、デコルテ、うなじ、背中、二の腕上部までお願いすることができます。何よりも、女性専用のシェービングサロンに比べて格安なのが嬉しい!

 

■4:鼻毛

ムダ毛のお手入れは、カラダだけなんて思っていませんか? カラダ以上に見られるお顔だからこそ、ムダ毛は絶対に避けたいもの。まゆ下のムダ毛ならまだしも、鼻毛が出ていた……なんて洒落になりません。

鼻毛のお手入れには、エチケットカッターが便利です。1,000~2,000円前後で購入でき、見た目もコンパクトで女性らしいカラーの商品が多く出ているので、ぜひ試してみてくださいね。

 

いかがでしたか? つい手を抜きがちな冬だからこそ、男性のチェックは厳しくなっているかも。念入りなムダ毛ケアで、女子力を高めていきましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ 2位は短い…1位は?みんなのまつ毛のお悩みTOP3と対処法

 

【姉妹サイト】

※ 平子理沙にジェシカ…超美人でも「離婚したくなる悪妻」の特徴3つ

※ しくじらない1年に…!多くの女性が犯しがち「人生最大の失敗」とは