シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

チョイ足しで洗練美人!オフィスでもOK「秋カラーメイク」実践テク

夜になると薄手のアウターが必要なほど、少しずつ秋に移行している近頃。店頭には秋冬のシューズや洋服が並び始めています。しかし装いよりもまず、最初に秋を取り入れやすいのはメイクです。

季節感を出すにはアイシャドウ、チーク、リップなど、いつも使うアイテムの“色”に注目してみてください。秋カラーを使うだけで雰囲気ががらっと変わり、落ち着いた大人っぽい印象を作ることができます。とくに今季トレンドカラーは“洗練された女性”をテーマに掲げるブランドも多く、オフィスメイクにはもちろん、上司や取引先との接待など、かしこまった場面にもぴったり。

そこで今回は、美容・ファッションライターの筆者が、今すぐ使える“トレンド秋カラーメイク”をご紹介します。

 

■1:カーキのアイシャドウ

秋といわれてまず思い浮かぶカラーはブラウンやカーキではないでしょうか。今季はメイクだけでなく、洋服にもカーキを使ったブランドが多く、秋の定番カラーとなっています。

カーキと聞くとエッジが効いていて一見トライしにくいカラーですが、エレガントに魅せるカラーとして今季は注目されています。

まぶた全体にカーキを使うのではなく、ベージュや薄いピンクをアイホール全体に塗って、目尻や二重の幅よりも狭い範囲にのみカーキを入れてみて下さい。柔らかいニュアンスの中に深みを作るスパイスの役割となり、目元を強調しつつも優しい雰囲気を漂わせることができます。

 

■2:ピーチのチーク

ベースメイクは今季もすっぴん風のナチュラル肌がトレンドです。肌に合わせてチークも、しっかり入れるのではなく血色を良く見せるだけの薄いカラーがオススメ。

ピーチ系やローズ系のカラーを選んだら、ブラシで頬の高い位置からこめかみにかけてポンポンとのせるようにつけていきましょう。ふっくらとした頬を作り、自然体でありながらも顔の凹凸を作ってくれます。

 

■3:ゴールドラメ

簡単にオフモードに仕上げてくれるのが、ゴールドラメ。肌色に近いハニーカラーにゴールドラメが入ったハイライトや、一気に目元を華やかにしてくれるアイシャドウなども多く出ています。

アフター5に予定がある人はTゾーンやCゾーン、目元にゴールドラメを足してみて下さい。

1、2でご紹介したアイテムとも相性が良く、上手になじんでくれますよ。

 

以上、今すぐ使える“トレンド秋カラーメイクを指南しましたが、いかがでしたか?

働き女子にとって、毎日行うメイクは面倒な作業でもあります。しかし、新しいカラーを取り入れてみたり、違う手法でメイクをしてみたりすると、刺激的で変化を楽しめるようになるはず。それはまるで子供の頃、母親のメイクアイテムをこっそり使ってワクワクした時のような感覚です。

秋カラーでマンネリメイクを脱却して、新しい自分に出会ってくださいね。

 

【関連記事】

※ お宅は…大丈夫!? 93%の確率で当たる「離婚する夫婦」の特徴3つ

※ 疲れ果ててもダメ絶対!「メイクを落とさず寝る夜」のお肌のヤバい状態3つ

※ 意外すぎ!働き女子こそ「仕事でも私生活でも」アレの悩みが多いと判明

※ デートで足してオフィスで減らす!自在な「抜け感メイク」で女っぽ顔に

あわせて読みたい