シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

チクチク痛い?それとも…「私の生理痛」部位や症状で違う対処法3種

毎月やってくる女の子の日。お腹が痛くて会社を休まなければならない人、痛すぎて電車にも乗っていられなくなってしまう人、しばらく動けなくなってしまう人……、このような方々は多いことでしょう。

こうした症状を、一般的にはまとめて「生理痛」と呼んでいますが、東洋医学の観点から考えると原因は沢山あり、複数の原因を持つ人も多いのです。

今回は、漢方専門の薬剤師である著者が、生理痛をタイプ別に解説したいと思います。

 

■1:チクチクした痛みなら……

東洋医学では、チクチクした痛みの原因を「瘀血(おけつ)」といいます。瘀血とは、血流が悪い状態のこと。日常的に同じ姿勢が多かったり、緊張して体に力が入りやすかったり、運動不足などが原因となることがあります。

【対処法】お風呂上がりのストレッチがお勧めです。

お勧めのストレッチは、まず開脚し右足に左手を近づけるようにして股関節と脇腹が伸びるような体勢を、息を止めないで深呼吸しながら10秒キープします。逆サイドも同様に行いましょう。はじめは大変でも、慣れてくると気持ちよくできるようになりますよ。

 

■2:さすったり温めるとよくなる痛みには

東洋医学では、さすったり温めるとよくなる痛みを「気血両虚(きけつりょうきょ)」といいます。気血両虚とは、栄養不足やエネルギー不足を表します。特徴として、生理の出血量が少なかったり、生理の日数がダラダラと続いてしまったり、生理中に頭痛が起こりやすかったりします。

【対処法】たんぱく質をいつも意識して摂るようにし、よく噛んで食べることがお勧めです。

生理は1ヶ月の成績表のようなものなのです。生理の時だけではなくいつもの食生活にも気をつけましょう。ついつい忙しいとカロリーだけ摂取し、栄養バランスが乱れがちになります。見直してみましょう。

 

■3:腰から重く感じる痛み

東洋医学では、腰から重く感じる痛みを「腎虚(じんきょ)」といいます。腎虚とは、体内の老化や寝不足を表します。この状態が続くとホルモンバランスも乱れやすくなり、生理不順や不妊症にも繋がりかねません。できるだけ早く改善したい症状です。特徴としては、耳鳴りを感じやすかったり、生理が遅れてきたり、腰痛があったり、生理中下痢をしてしまったりします。

【対処法】とにかく1分でも早く寝ましょう。

理想は22時には寝ることです。難しければ、土日だけでも早く寝ましょう。睡眠はホルモンバランスも整え、細胞の修復にも役立ちます。特に妊娠を考えている場合はぜひ実践してみてください。

 

本来健康であれば、生理痛を感じることはありません。生理痛があるということは、何か改善点があり、もっと元気な自分になれるということです。生理痛がある人は自分の体を見直し、より活動的に動けるようにしたいですね。

 

【姉妹サイト】

※ これ読める?木下優樹菜にあゆの元彼も…ハワイ風キラキラネーム集

※ 私も…できる?働くママが知っておきたい「在宅勤務」の実践テク