シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ダイエット挫折常習者こそ!長続きする「やせるための小さな工夫」5つ

忙しいとダイエットを続けるのは大変ですよね。ダイエットにはさまざまな種類がありますので、それぞれ自分にあった方法に取り組むことが大切です。が、それ以上に大切なのは、続けること。

どんな方法であっても、続けることさえできれば、効果が上げられると思います。

そこで今回は、海外のライフスタイル紹介サイト『COOL IDEA』などの記事を参考に、“ダイエットを続けることができるちょっとした工夫5つ”をご紹介します。

いつも長続きしない……とお悩みの方、さっそく試してみてください。

 

■1:ダイエット貯金

これは思っている以上に続きます。エクササイズするたびに、500円貯金をする。体重が500g減るたびに500円貯金する、といったダイエット貯金をしてみてください。

そうして貯まったお金で、エクササイズ用のウェアを買ったり、ご褒美で食事に行ったりするのも良いかもしれません。ダイエットを続けるためのモチベーションアップにつながります。

 

■2:ポストイット

部屋の中の目立つところの壁に、日付を書いたポストイットを貼ってください。そして、ダイエットを行った日付が書かれたポストイットから外していくのです。

月末には、ポストイットが一枚もないか?  あるいは少し残ってしまったか? 一目瞭然になるので、やる気が続きます。

 

■3:ダイエット日記

忙しいとは思いますが、合間を縫ってダイエット日記をつけてみましょう。細かく書き込まなくても大丈夫です。その日に食べた食事や、やったこと、減った体重、あるいは増えた体重などを書き込んでいきましょう。

見返すことで参考にもなりますし、続けていくと、どんどん増えていく、その日記自体がモチベーションを上げくれるでしょう。

 

■4:エクササイズウェア専門の棚を

お気に入りの服を着ていると、やっぱりテンションがあがりますよね? それと同じで、エクササイズウェアはお気に入りのものにしましょう。

そして、そのお気に入りのウェアや、シューズばかりが並んでいる専用の棚を作ってみませんか? ついついそこに並んでいるウェアを着たくなってしまうはずです。

 

■5:減った体重が見えるようにする

用意するものは、空き瓶2つに複数のビー玉です。一つの瓶は空にしておいてください。そして簡単なルールを決めましょう。例えば、体重が500g減ったら、ビー玉を2つ空き瓶に移す。エクササイズをしたら3つビー玉を移す。

こんな感じで、ビー玉を空き瓶に移していくだけです。しかし、これが意外にモチベーションを持続させるのに効果があります。減った体重や、やったアクションが”見える化”されるからです。

自分で簡単なルールを作って、ダイエットの“見える化”をしてみてください。きっと忙しくても長続きできるはずです。

 

以上、“ダイエットを続けることができるちょっとした工夫5つ”でしたが、いかがだったでしょうか?

こうしたちょっとした工夫をするだけでも、“続けること”が大事なダイエットには断然、効果がアップするはずです。

普段、ダイエットが長続きしない人は、さっそく試してみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

※ 10 Motivation Ideas for Weight Loss – COOL IDEAS

あわせて読みたい