シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ダイエット中でも食べたい!ラーメンを少しでも太らずに食べるコツ

ダイエットの大敵!食べると太るイメージが強いラーメンですが、たまにどうしても食べたくなるときってありますよね。我慢も素敵ですが、太らないように賢く選んで食べればストレスなくダイエットを続けることができちゃいますよ。少しでも太らずにラーメンを食べるコツをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■意外と知らない?味の違いによるカロリー

オーソドックスな、「塩・醤油・味噌」味のラーメンってどれが一番カロリーが高いのでしょうか。醤油? それとも味噌? 食品の栄養素が一目でわかる・カロリー計算できるカロリーSlismでそれぞれ計算をしてみました!

・塩ラーメン 477Kcal
・味噌ラーメン 568Kcal
・醤油ラーメン 416Kcal

カロリーだけでいうのであれば塩よりも醤油ラーメンの方が低いことがわかります。そして、このカロリーSlismで算出されるラーメンのたんぱく質・脂質・炭水化物のエネルギー比率をあらわしたPFC(ピー・エフ・シー)バランスをみると、多少の偏りはあるものの、意外と悪くないことが判明。ダイエット中でも以下の4つのルールを守ればラーメンも楽しめますよ。

■少しでも太らずにラーメンを食べるコツ4つ

(1)GI値をあげない

ダイエットをしている人にとって血糖値の乱高下は暴飲暴食のリスクを高めてしまうリスクがあるので避けたいところ。いきなり麺から食べはじめるのはNG!トッピングなどで野菜を組み合わせることができるのであればプラスしたほうがメリットが大きいでしょう。外食の際はモヤシやワカメなどの海藻類やきくらげ、ネギなどがはいったラーメンを選び、もしくはトッピングとして追加オーダーし、野菜から食べはじめるようにしましょう。

(2)オーダーしてはいけない組み合わせ

よくラーメンと一緒にチャーハンを一緒に頼む方がいらっしゃいますが、炭水化物×炭水化物の組み合わせになってしまうのでダイエット中なら避けたほうが無難でしょう。どうしてもチャーハンが食べたいのなら、後日単品でオーダーするようにするといいですね。

(3)スープは残そう!

ダイエット中であるのならばラーメンのスープは必ず残すようにしましょう。不要な塩分摂取は身体のむくみを生みますし、美容にもよくありません。

(4)家で食べるなら野菜のおかずと良質なタンパク質をプラスして

家でラーメンを食べるなら必ず野菜のおかずと良質なタンパク質をプラスするようにしましょう。不足するビタミンCやミネラルを補ってくれるホウレンソウやコマツナのお浸しやゆで卵を一緒に食べるるようにするといいですね。ご自分でつくられるのなら野菜のボリュームを増やすようにすると少ない量でも満足できますよ。

いかがでしたか?ダイエットの1番の大敵はストレスです。
無理は長くは続かず最悪、リバウンドにもなりかねません。楽しくダイエットをするためのご参考にしていただけましたら幸いです。

(生井理恵)

【参考】
食品の栄養素が一目でわかる・カロリー計算できる カロリーSlism