シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

セックスレスとは?セックスレスの定義や解消法

1:セックスレスとは?

セックスレスとは、具体的にどのような状態を言うのでしょうか?

セックスレス(sexless)

夫婦間などで、性交渉がほとんどないこと。「セックスレスカップル」

〈出典:小学館デジタル大辞典〉

セックスレスとは、性交渉がほとんどないこと。「まったくない」というわけではなく、「ほとんど」ない状態の事のようです。

とはいえ、セックスレスだと感じる期間や状態は人それぞれ違います。

一般的な定義について調べてみましょう。

(1)セックスレスの定義は?期間は?

セックスレスと聞くと、一定期間パートナーと性交渉がない男女の姿を想像する人が多いのではないでしょうか?

日本性科学会によれば、セックスレスは「病気など特別な事情がないのに、1ヶ月以上性交渉がないカップル」と定義されています。

とはいえ、便宜上「カップルのうち、どちらかがセックスをしたいと望んでいるのに、長期間それができない状態」を総じて「セックスレス」と呼ぶのが一般的な解釈であると言われています。

性交渉がなくともお互いが不満を感じない状態であれば、それは「セックスレス」とは言わないのです。

(2)セックスレス夫婦・カップルが増えている!?

社会問題としても挙げられるセックスレスですが、実際、セックスレスに悩む夫婦やカップルが増えています。

一般社団法人・日本家族計画協会が2016年に実施した「第8回 男女の生活と意識に関する調査」によると、既婚者のうち、47.2%(男性47.3%、女性47.1%)が「この1ヶ月間セックスをしなかった」というセックスレス状態であることがわかりました。

つまり、既婚者の約半数が、1ヶ月以上パートナーとセックスをしていない状態なのです。

その理由は、男性で「仕事で疲れている」が35.2%で1位、「家族(肉親)のように思えるから」(12.8%)が2位。女性では「めんどうくさい」(22.3%)が1位、「出産後何となく」(20.1%)が2位という結果に。

また、年齢が上がるにつれて、セックスレスのカップルは増加する傾向にあります。

とはいえ、この「1ヶ月」という期間、かなり厳しめだと思いませんか?

忙しかったり疲れていたしたら、「1ヶ月ご無沙汰」というのはよくあることのような気がしますが……。

とはいえ、前述したように「どちらもセックスを望んでいない」という状態はセックスレスとは言わないことから、日本性科学会の「1ヶ月」という定義だけで見れば、本人たちに自覚のない「隠れセックスレス」のカップルが多く存在していることが想像できます。

 

2:定義とは違う?実際にセックスレスだなと男女が感じる期間9

既婚者の約半数がセックスレス状態ですが、前述したように、「セックスレスだ」と感じる期間には個人差があります。どのくらいの期間レスだとセックスレスだと思うか、男女にリサーチしてみました。

(1)「1ヶ月してません」(24歳・男性)

定義上「1ヶ月セックスをしていない状態」がセックスレスです。

毎週会っているカップルで、1ヶ月という期間セックスがなければ、「レスだ」と感じる男性が多いようです。特に、男性が誘って断られたケースが数回続くと、自分から誘いにくくなり、気付いたら1ヶ月経っていた……ということも。

ちなみに女性の場合、彼氏と1ヶ月セックスをしなかったからといって、セックスレスと感じる人は少ないようです。

筆者周辺でも、生理がデートに重なってしまった、仕事が忙しいなどの理由で1ヶ月しないカップルもたくさんいます。

1ヶ月のうち1週間は生理の憂鬱な時期を過ごす女性にとって「1ヶ月セックスレス」はお無沙汰に入らないのかも。

(2)「そろそろ3ヶ月……」(26歳・女性)

女性が「セックスレスだな」と感じるのは3ヶ月あたりから。

筆者の周辺の新婚に聞いても「結婚式が終わってから少しご無沙汰だけど……」と悩み出すのが、3ヶ月あたりです。

3ヶ月間まったくない、という状態であれば、風俗などをに行っているのではないか、浮気をしているのではないかという疑いも出てきます。

だけど自分からは誘えないし……。そんなふうに悩む女子が多くいます。

(3)「3ヶ月してません」(28歳・男性)

3ヶ月というのは、男性にとってもセックスレスだと思う期間。

男性からは「3ヶ月くらいなら1人エッチで我慢できる」という声も聞かれました。

……ということは、女性の方がパートナーの誘いを断り続けていると、欲求の発散を外に向けないといけなくなった男性は、浮気や有料の性サービスのお店に頼ってしまうのかもしれませんね……。

(4)「気づけば半年」(26歳・女性)

同棲を始めて長いカップルだと、「半年しない」ということも。

「お互いの生活リズムが合わないうちに、半年ご無沙汰になってしまった」というカップルも。女性でこの半年間セックスがないという状態なら、彼の浮気や風俗通いを本格的に疑うことも。

特に「帰ってすぐシャワーを浴びてからごはんを食べるようになった」などの、ちょっとした変化から浮気に気づくといったケースもあります。

また彼女側からすると、「女性としての魅力がないのかな……」と不安になりだすタイミングでもあります。

(5)「半年経ってしまいました」(28歳・男性)

どんなに鈍感な男性でも、半年以上経てばセックスレスと感じはじめます。

しかし夫婦仲は悪くないそう。

極端な話ですが、男性はお金さえ払えば、比較的簡単に欲求の解消ができるので、パートナーにセックスを拒否されても、それが別れの原因になることは少なないのかもしれません。

(6)「1年、ご無沙汰です」(27歳・女性)

1年もご無沙汰……これは誰がどう考えてもセックスレスです。

熟年夫婦の中には「もう若くないし、そんなになくても……」という人もいるかもしれません。

……が、1年という期間何もないというのは、完全なるセックスレス状態だと言えます。

(7)「1年になりました」(31歳・男性)

「1年パートナーとセックスがなければ、さすがにレスだと自覚する」というのんびりとしたタイプの男性も。

このくらいになると、かなり「諦めモード」となるようですが、「きっかけがあれば浮気しちゃうかも」と言っていました。

(8)「5年してません」(29歳・女性)

筆者の周囲で最も長いセックスレスが5年。

それも交際期間は7年、うち5年がセックスレス状態です。

また、新婚にもかかわらず、交際期間から結婚生活合わせて5年以上ご無沙汰という夫婦もいました。この2組のカップルは「セックスレス」が原因で別れを決断しました。「性の対象として見られなくなった」ことは、大きな別れの原因になるのです。

(9)「5年ですけど、別に」(36歳・男性)

このケースで驚いたのが、長年のセックスレスで別れを決断したのは女性のほうだということ。男性は別れる気がなかったのです。

これは男性が気軽に有料の性サービスが受けられることや、「割り切り」で発散することができるからだと考えられます。

女性は「セックス」=「愛情」だととらえる傾向にあるので、セックスができなくなった状態=愛がない、と考えます。

一方の男性は「セックス」=「発散」という部分があるので、セックスと愛情を切り分けて考えることができます。

女性はセックスをした相手をうっかり好きになることがありますが、男性はセックスするかどうかと相手のことを好きかどうかは別といった話はよく聞きます。

そのため、「セックスレスが原因で別れを決断する」のが女性であることが多いのかもしれませんね。

 

3:「セックスレスって何?」というほどラブラブなカップルの特徴7

ではここからは「セックスレスって何それ?おいしいの?」ってくらいにラブラブなカップルの代表的な特徴をご紹介しましょう。

(1)お互い実家暮らし

「お互い実家暮らしなどで、おうちデートができない状態である」というのも、セックスレスになりにくい特徴のひとつ。

お互い、もしくはどちらかがひとり暮らしだったり、早々と同棲を始めたりすると、必然的に「おうちデート」が多くなり、セックスもマンネリしがち。だけど実家暮らしであれば、ホテルなど、毎回場所を変えてセックスを楽しむことができます。

(2)積極的にセックスを楽しんでいる

女性が「受け身」であるセックスでは、男性も飽きてきてしまいます。

既婚女性のセックスレスの理由の1位は「めんどうくさい」。

このことから、多くの女性は、準備やムード作りを含め、セックスをめんどうくさいものだととらえていることがわかります。

長年一緒にいれば、変わり映えしない関係性&場所でムードを作るのも大変かもしれません。

だけれど、たまには少しセクシーな下着を用意してみるなど、女性側も積極的にセックスを楽しむ姿勢を作る事も大事ですよね。

いつまでもラブラブなカップルは「新しい下着買っちゃった♡」など彼氏に報告して、お互いワクワクしながらデートの日を迎えるなどしているようですよ。

(3)ストレスの少ない仕事に就いている

既婚男性のセックスレスの理由の1位は「仕事で疲れている」でした。

仕事で疲れて帰ってきて、そのままベッドにダイブ……という毎日では、夜の営みをする体力がありません。

また、ストレスが溜まると、性欲が減退してしまいます。

一方、ラブラブなカップルほど、特に男性側が生き生きと仕事をしている傾向にあります。バンドマンなど、自分の好きなことを職業にしているという彼は、収入は少なくとも、夜のほうはお盛んだと言った話はよく聞きます。

(4)いつまでも女らしい変化を

長年ラブラブ彼氏のいる彼女は、髪型やファッション、ネイル、メイクなど、季節によって、「新鮮さ」があります。髪型やメイクをコロコロと変える女性はとても魅力的です。

会うたびに変化する彼女なら、彼氏は飽きません。

露出度の高いセクシーワンピースを着ることもあれば、きちっとしたスーツを着こなす日もある……。そんなふうにギャップを見せる女性であれば、「今日はどんな下着を?」や、「ちょっと痩せた?」など変化を楽しみながらセックスができるので、いつまでもラブラブでいられるのです。

(5)たまにはホテル泊

同棲してもラブラブでいるカップルの特徴といえば、「あえて頻繁にホテルに宿泊する」ということ。

「この日はホテル行こうよ」と事前に決めておいて、その日はとびっきり楽しむ準備をするなど、いつもと違ったセックスを楽しんでいます。

(6)恥じらいを忘れない

これはとても大事なことです。

「裸を見せることが恥ずかしい」という意識を持ち続けてるカップルほど、ラブラブです。

「いつでも大丈夫」という万全の体制でセックスに臨みたいもの。

たとえばムダ毛。

冬にボーボーのまま過ごしていて、「いざ!」というときに見せられない、という状態は避けたいもの。また、処理を忘れていたのに恥ずかしいと思わないというのはもってのほかです。

(4)と同様に、「女性らしさ」を忘れない事も大事です。

(7)ふたりだけの秘密のプレイがある

ラブラブカップルは、人には言えない「秘密のプレイ」をふたりでしている、ということも。

コスプレのようなライト(!?)なものから、ちょっぴりアブノーマルなものまで、「ふたりで楽しめるけれど決して人には言えない」ような「秘密のプレイ」を共有してセックスを楽しんでいる人もいるようです。

 

4:セックスレスな男女の本音7つ

ではここからはセックスレスな男女の本音についてご紹介します。

既婚者の4割以上がセックスレスという現代を、みんなは一体どう感じているのでしょうか?

(1)「諦めてます」(36歳・男性)

前述したように、セックスレスが原因で別れを決断するのは、女性が多いです。

それはパートナーとだけセックスをしたい、という気持ちが強い女性が多いということでもあります。

一方、男性としては、「彼女とのセックスはそもそも諦めている」という意見が。他で発散することができるので、性的な欲求は他で満たしてもらって、彼女には癒しを求めている、ということでしょうか……。

(2)「女としての自信をなくしそう」(22歳・女性)

筆者の周囲のセックスレスの女性が決まって口にするのが「女として魅力がないのかな」という言葉。

筆者も感じたことがあります。

たとえば「貧乳だから興奮しないのかな」「私マグロなのかな」など……。

女性がパートナーからセックスを断られると、やはり自分の「女性としての自信」をなくしがちです。

(3)「よそで発散しているから」(33歳・男性)

これが男性のリアル。セックスレスになるとひとりで発散したり、ときには有料性サービスなどを利用したりして、彼女以外で発散している、ということです。

それがバレて、パートナーと喧嘩することになっても「お前がしてくれないからじゃん!」というと、逆に女性から「あなたに清潔感がないからよ!」と言い返されて……。こんなバトルもあるあるです。

とはいえ、有料性サービスを利用することは「妻/彼女がしてくれないからしょうがない」という男性の本音が隠れています。浮気だとまた変わってきそうですが……。

(4)「女は発散できないから……」(33歳・女性)

発散する場所が少ない女性は、男性に比べセックスレスを真剣に悩む人が多いです。

なかなか発散できないからこそ、浮気や不倫に走り、出来心から本気になってしまう……。

近年大ヒットをした『昼顔』など、不倫をテーマにしたドラマは、女性が体の関係を持って、本気になっていく様子が描かれています。

(5)「セフレを作りました」(24歳・女性)

女性でも「パートナーとセックスフレンドを分けて付き合う」という人もいます。「欲求を解消するのがセフレ、癒しや安心感を求めるのが彼」といった感じです。

パートナーにはもちろん内緒なので、バレたときが恐ろしいのですが、セフレがいることで、彼氏と「1ヶ月以上」セックスレスでも、良好な関係を築けているケースも多いのです。

(6)「別れる理由にはならなそう」(28歳・女性)

「セックスレスが原因で別れた」という話も聞きますが、「彼が浮気した」など、大きな原因ができないと別れを決意しないことのほうが多いです。

不仲の原因を探っていけばセックスレスにたどり着く場合でも、ふたりの間に大きな亀裂が入るような出来事が起こらない限り、「セックスレスだから別れよう」とは言いづらいもの。

「セックスレスは別れの理由になるのかな……?」ともやもやしながら、付き合いを続けるといったケースです。

筆者の友人もセックスレス状態が続き「このままだとずるずるいきそうだから」と、やっと5年目で別れを決意しました。

(7)「出産を見てしまってから女性として見られなくなった」(34歳・男性)

筆者が今でも鮮明に覚えているのが、30歳の男性のこの言葉。

「立ち合い出産で、出産の現場を見た。それから、女として見られなくなったし、いつのまにか妻は女から母になった」。

出産現場を見たことで、女として見られなくなったのだそう。

また子育て中、イライラしながら授乳している妻を見て、「完全に母になったな」と感じたのだ

「女でい続けること」はセックスレスの予防に繋がりますが、なかなか難しいものです。

 

5:セックスレスの解消法7つ

セックスレスは浮気や不倫を引き起こし、別れや離婚の原因になります。

「セックスレスかも……」そう感じた時どのように対処すればいいのでしょうか?

セックスレスの解消法についてご紹介します。

(1)短めのセックスをする

既婚女性のセックスレスの原因の1位は「めんどうくさい」でした。

準備や雰囲気づくりを含め、セックスをするのには時間がかかり、めんどくさい、というのがセックスレスに繋がる原因だといえます。

ならばセックスが「めんどうくさいもの」ではないようにパートナーと工夫して「短いセックス」をするようにしてみましょう。

セックスは短期決戦でさくっとやるものだ!という感覚をもち、とにかく短くてもセックスはする!と決めて、定期的にするのも大事です。

(2)ラブコスメを使う

セックスレスを解消したい!と願う女性に試してもらいたいのが、ベッド専用の香水です。

代表的なLCラブコスメの「リビドーロゼ」など、男性を誘惑する香りのもの。

いつもと違う香りをまとって、男性の嗅覚を刺激してみるのも効果的です。

(3)ホテルに行くことを提案してみる

セックスレスが続く原因のひとつに、セックスに新鮮さがないということも挙げられます。

そんなときは、場所を変えてセックスをしてみましょう。

たとえば、ラブホテルに泊まる。ラブホテルならアメニティも充実しているので、安心していつもと違う雰囲気で楽しむことができますよね。

出会ったころのようなデートをしてから、ホテルに行くというのも効果的。

「長年セックスレスだったけれど、ラブホテルで久しぶりのセックスをしてから、定期的にするようになった」というカップルもいます。

(4)セックスについての話をする

長年一緒にいると、お互いのセックス観について話すことも少なくなりますが、まずは会話からセックスレスの解消を。

何を今さらと思わずに、「どんなプレイが好き?」などと話してみましょう。

話をしながら手を繋ぐなどの軽いスキンシップも忘れずに。

セックスレスのカップルは、自然と距離を置いてしまうことが多いです。

目を見て語り合いながら、話すのもセックスレス解消の第一歩です。

(5)メークを変える

いつもよりも少しセクシーなメークに変えてみる、ファッションやヘアスタイルもセクシーに……。

単純ですがそんな「変化」もセックスレス解消には大切なことです。

思わずドキッとするメイクにチェンジしてみましょう。

 

6:まとめ

いかがでしたか?

今回はセックスレスについてご紹介しました。

セックスレスは人にはあまり相談できないデリケートな悩みです。

そして、それが原因で浮気、不倫などに発展、別れるカップルや夫婦も多いです。

「セックスレスかも……」と感じたら、少なからず改善するための努力が必要になります。

また、前述したように、「カップルのうち、どちらかがセックスをしたいと望んでいるのに、長期間それができない状態」であれば、それは期間関係なく、セックスレス状態です。

もし、あなたがセックスレスだと感じていなくても、パートナーに不満が溜まっているようなら、話し合いをすることも大事です。

上記を参考に素敵なセックスライフを送ってくださいね。

【参考】セックスレスー日本性科学会

「第8回男女の生活と意識に関する調査」一般社団法人 日本家族計画協会ー