シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

セックスはベッドが重要!セックスを台無しにしてしまうベッドとは?

1:セックスはベッドの質も重要です!

セックスに適していないベッドというのも、確かに存在します。

例えば、スプリングの強さひとつとっても、弱ければ肉体的負担は大きくなりますし、強すぎると体が沈んでしまってうまく動けなかったりするでしょう。

また広さも重要です。狭いベッドで窮屈な思いをしながら……というのも味わいがありますが、気持ち良さの邪魔になることも。その結果、「あれ、この人とのエッチはそんなに気持ち良くないな……」なんて思われてしまうかもしれません。

キスや前戯、腰使いを勉強するよりも、まずは環境を整えることが、いいセックスのもとになるかもしれませんよ。

 

2:ベッドのせいで…セックスが台無しになったエピソード5つ

それでは実際に、ベッドのせいでセックスがうまくいかなかったという体験談を女性たちに話してもらいました。

(1)柔らかすぎるマットレスに沈んでしまい……

「私、寝るときは絶対ベッドじゃないとダメなんです。布団は固くて背中が痛くなっちゃう。だからベッドもできるだけふかふかの、柔らかいやつがいいんです。

でも、セックスをするときに、ふかふかのマットレスって最悪です(笑)。柔らかすぎるマットレスの上に大人の男女が乗ると、びっくりするくらい沈んじゃって。マットレスの中にあるバネが、沈んだだけ強く反発するから、騎乗位をしたとき、トランポリンみたいになってしまいました(笑)。

彼氏から“こんなに跳ねる騎乗位、初めて見た”なんて笑われましたが、私だってあんなにやりにくい騎乗位初めてだったよ……」(Yさん・26歳女性/法律事務)

(2)ベッドのキシキシ音がうるさい

「私はベッドに一切こだわりはなくて、寝られるならなんでもOKって感じで、安いマットレスとフレームを適当に選びました。でも、結果的には大失敗。

安いからなのか、とにかく音がうるさいんですよね。彼氏がちょっと動くたびにキシキシ鳴ってしまう。しかもうちのアパートは壁が薄いから、音がけっこう響きそうで……。隣にこのキシキシ音が聞こえていないか心配で、全然集中できない」(Aさん・30歳女性/カーディーラー)

(3)小さいベッドで夢中になって落下

「もはや笑い話なんですけど、セックスに夢中になって、ベッドから落ちたことがあります(笑)。

当時付き合っていた元ラグビー部の彼は、力は強いし体は大きいし、その上、激しいセックスが好きな人でした。私もそういう情熱的なプレイが好きなので、夢中で楽しんでいたのですが、勢いがありすぎて、ベッドから落とされてしまいました。ベッドのサイズが小さかったのかもしれません。一気に冷めたし、めっちゃ痛かったな……」(Iさん・24歳女性/大学院生)

(4)マットレスにシミが……

「私がけっこう濡れやすいせいなのか、敷き布団とかシーツを汚しちゃうことが多いんですよ。彼氏とセックスをして、数日経ってから気づいたんですが、シーツにシミができていました。大量に垂れていたみたいで、シーツだけでなく、なんとマットレスにまでしっかりシミが……。

布団なら、自宅で洗えるものもあったり、なんなら買い換えるのも手軽にできるけど、大きくて重いベッドのマットレスだと、そう簡単にはいかない。

横になったとき、ちょうど股間の位置あたりにシミがあるので、誰がどう見ても、“あ、これ、セックスのときについたんだね”ってわかるのが恥ずかしすぎる……。これが気になって、セックスに集中できません」(Nさん・25歳女性/カフェ店員)

(5)エッチな雰囲気のベッドにドン引き

「大人の雰囲気が漂う部屋に憧れていた私は、ベッドの周りも、こだわりの詰まった空間にしました。蝶の柄で紫色のシーツ、薄暗い照明、ベッドを囲むように垂らした薄いレースのカーテン。彼氏も喜んでくれるだろうと思っていました。

ところが、私のベッドを見た彼氏は、“気合入りすぎだろ……”なんて言ってドン引き。いたたまれない空気になって、結局セックスはしませんでした」(Sさん・28歳/製菓業)

 

3:ベッド以外ならどこが最適?ベッド以外で最高のセックスをした場所4つ

ベッドが悪くて、セックスがうまくいかないなら……いっそのこと、ベッド以外してみるのはどうでしょう。これまでの取材経験をもとに、人気の場所をお届けします。

(1)お風呂

ベッドに次いで、セックスをする場所として定番なのがお風呂。湯気や熱気が漂っていて、ベッドの上でするセックスとは、ひと味もふた味も違ったセックスができます。

「一緒にお風呂に入っていたら、興奮してきてそのまま……」というふうに、流れでセックスをした経験がある人もいるかもしれませんね。

(2)車の中

セックスをするには少し狭く感じますが、その窮屈さがかえって興奮するのが、カーセックス。ベッドの上でするセックスには戻ることができないくらいハマってしまうという人もいました。

ただし公共の場や、誰かに見られる可能性がある場所では絶対にNGです。ガレージ内など、誰にも見られない場所でやってください。

(3)玄関

「ドアの向こう側は外」という、限りなく外に近い状況が性的興奮を生む、玄関でのセックス。集合住宅の場合、家の前を通る隣人の足音が聞こえたり、ハラハラドキドキなセックスを味わうことができる!と人気の様子です。

(4)高級ラブホテル

高級なラブホテルは、バリエーション豊富なアメニティ、展望バルコニー、サウナや岩盤浴など、女性のテンションも上がるサービスが盛りだくさん。中には、海外のリゾート地のような雰囲気の部屋もあり、非日常を楽しむことができます。

そんな素敵な空間でするセックスは、まさに極上。普段しているセックスよりも、もっともっと心と体が満たされるでしょう。

 

4:ベッドを買うときには、セックスも視野に入れて

愛する彼氏と最高のセックスをするためには、ベッドの質にもこだわりたいところ。ひとり暮らしを始めようとしているとき、またベッドや布団を買い換えるときは、その点も視野に入れて選ぶといいかもしれません。

また今のベッドがセックスに不向き! でもすぐには買い換えられない!という人でも大丈夫。彼氏とセックスするシチュエーションを工夫してみることで、カバーすることができますよ。