シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ズキッ「生理痛」が酷い冬は…トリガーポイントをグッと押すべし!

ただでさえズキンズキン激痛が走る“生理痛”なのに、痛みが倍増しがちな寒い季節。あまりの痛みで身動きが取れず、会社にも行けない状況を経験した人もいるはず。

毎月やってくる、そんな痛みを少しでも緩和できればと、誰もが思いますよね。

そこで今回は、現役モデルであり、体幹エクササイズ“美コア”インストラクターの甲斐琴珠さんに、“生理痛を和らげるエクササイズ”について伺ってきました。

 

■寒い季節にズキッと走る生理痛の原因

東洋医学によると生理痛の原因は人それぞれ異なっています。冷え込みが厳しい冬に、痛みが増すような生理痛は下半身の冷えが由来しているとも。体が冷えると同時に、筋肉が縮こまってしまい、子宮の収縮も強くなることで、痛みが激しくなってしまいます。

甲斐さんから、冷えからくる生理痛を和らげるエクササイズを教えてもらいましょう。

 

■押すと効果的なトリガーポイントって? 

「冷えからくる生理痛を和らげるには、体の血行を良くすることが重要。そこでただ普通にエクササイズするだけではなく、“トリガーポイント”を押しながらするとより効果的です!

疲労や血行不良などが続くと、身体中の筋肉はロープ状に強く緊張して、硬いこわばりである“索状硬結”が出来てしまいます。

この中に極めて硬く、痛みを発するしこり状のポイントが現れます。これが“トリガーポイント”(痛みの引き金になる点)です」と説明する甲斐さん。

これは骨格上、同じような場所に存在しているとのこと。

冷えからくる生理痛を和らげるには上記で述べたように血行促進が不可欠。トリガーポイントを刺激することで、こわばりを解し、溜まった老廃物が循環され、体中の血行が良くなるのです。

それでは実際に、トリガーポイントを押しながら行うエクササイズをご紹介します。

 

■生理痛を和らげる“トリガーポイント”エクササイズ

「足をまっすぐ伸ばして立ち、骨盤の一番高い骨がある位置の上(柔らかい部分)に、指を4本置きます。ここが“腸骨筋”と呼ばれる場所です。

そのまま骨盤の内側に指をグッと押し込めます。力を込めたままの状態で、呼吸をゆっくりしながら体を前へ曲げ、前屈しましょう。」

甲斐さんによると、このトリガーポイントは生理痛以外にも、お腹に関係する便秘改善やデトックス効果にも繋がるそう。この位置を刺激して、特に強い痛みがある人は、老廃物が溜まっている証拠です。

 

甲斐さん曰く、「トリガーポイントをしっかり押さえられれば良いので、日常的にどんな場所・場面でもやりやすいのが特徴です。また、血行が良いお風呂上がりや、夜寝る前に行うと身体がポカポカ温まって寝付きが良くなるでしょう」とのこと。

自力で無理なく出来る簡単なエクササイズなので、是非試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【取材協力】

※ 甲斐琴珠・・・ウォーキング・ポージング講師、モデル、美コアインストラクター。モデル専門学校卒業。以後デザイナーショーやウェディング・和装のショーなどを経験し、様々なショーの演出でも活躍。老舗カメラブランド『HASSELBLAD』のモデルになったきっかけでカメラにも興味を持ち、モデル側・フォトグラファー側としてポージング指導も行う。一般向けのレッスンからモデル事務所等で、ウォーキングや普段から使える立ち振る舞いを都内中心に指導中。