シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

スイッチポンで完成!「時短なのに豪華な残業ごはん」炊飯器レシピ2選

出勤前の慌ただしい朝や、残業で遅く帰宅した夜。出来たてアツアツの料理が食べたくても、料理を作る気力も時間もなかなかありませんよね。

そんな働き女子のために、『BizLady』の過去記事「寝坊した朝にも!米セレブ発“レンジで作るカンタン朝食レシピ”3つ」では、電子レンジを活用した、栄養バランスの良い簡単な朝食レシピをご紹介しています。

じつは、電子レンジ以外でも美味しい時短料理を作ってくれるのが炊飯器! しっかり火が通った消化の良い料理が作られるので、残業ごはんや夜食にしても体に負担をかけず、ダイエット中でも大丈夫。暑い夏の日に、火の前に立たなくても済むのも嬉しいところです。

今回は、英語圏のライフハック情報サイト『Lifehacker』の記事を参考に、スイッチひとつで完成する豪華炊飯器レシピを2つご紹介します。

 

■1:ローストチキンのレシピ

材料:鶏肉、タマネギ、コンソメ、しょうゆ、レモンジュース、ニンニク、コリアンダー等のスパイス数種類

タマネギは4等分ほど、大きめに切ります。材料を全て炊飯器の中に入れ、水を炊飯器底から2cm程度入れて、通常の“炊飯”で炊きます。炊きあがった後1時間程度“保温”機能で放置したら食べ頃。

同記事ではローストポークとして紹介されていますが、鶏肉の方が脂身が少なくヘルシーであるため、深夜に食べても安心です。

 

■2:シチューのレシピ

材料:シチューの材料、シチューのルー

材料は全て好みの大きさに切っておきます。材料とシチューのルー、通常の分量よりも少し少なめの水を炊飯器の中に入れ“炊飯”で炊きます。

ニンジンなど火の通りにくいものは小さめに切るか、事前にレンジで温めて、中まで火を通りやすくしておきます。野菜をたっぷり入れれば、不足しがちな栄養素もしっかりと取ることができるはず。

同じ要領で、スープも簡単に作ることができます。

 

以上、“スイッチひとつで完成する豪華炊飯器レシピ”2つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

どんなに料理が苦手な人でも、材料を切って炊飯器に入れるだけの簡単なレシピであれば、上手に完成させられます。コンビニや外食よりも節約できるうえに、添加物や保存料を気にすることもないので体にもうれしい!

朝仕込んでおけば、タイマー機能と保温機能によって、帰宅と同時にできたてのディナーがお待ちかね。「帰宅したら美味しいごはんが待っている」とワクワクしながら、残業も頑張って下さいね。

 

【参考】

※ 15 Surprising Things You Can Make in a Rice Cooker – Lifehacker

あわせて読みたい