シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

シャンプーの体勢にご注意!美しい首をつくる3つの習慣

可愛いポーチやフワフワのパジャマ、手作りケーキのSNS投稿に「女子力高い」なんて思っているそこのあなた! 真の女子力は体のある部分に発揮されるのです。デコルテ? 背中? 正解は「首」なのです。ロングヘアなら、ポニーテールの時や髪をかき上げた時、ショートヘアなら一年中、365度見られている首筋。
うなじにセクシーさが現れるように、首筋の美しさは女性にとって欠かせないものです。美意識高い女子でも、意外と忘れがちな首ケア。今回は、フェイシャルヨガインストラクターの仲里あやねさんに、美しい首と美ラインを作る、3つのポイントを教えてもらいました。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■美しい首を作る3つのポイント

(1)顔と一緒に首スキンケアも一緒に!

顔と同じスキンケアを首にもおこないましょう。特に忘れがちな首の裏は、人の目に入りやすいので念入りに。コットンに化粧水をたくさん染み込ませて、優しくパッティングしてあげれば、マッサージにもなって血行促進にも効果が! 日焼け跡が気になるのなら、美白化粧水でケアすることをオススメします。


(2)ネックウォーマーが就寝中のお供

布団から出やすい首元。冬は寒さで首を縮こまらせてしまいがちなのですが、これを習慣化してしまうと、首の横ジワを作る原因に……! ネックウォーマーで首元を温めて寝れば、シワ対策に打って付けです。首にある大きな血管、「頸動脈(けいどうみゃく)」を冷やしてしまうと、全身の冷えにもつながるので、冷え性対策にも効果は絶大!


(3)洗髪中の体勢にご注意を!

髪を洗う時、頭を下げて洗っている人は、首おブスまっしぐらですよ! 毎日ちょっとずつ、首に横ジワが刻まれていきます。気付いた時はもう遅かれし……ということにならないために、今日から頭を上げて髪を洗いましょう。まるでシャンプーのCMみたいに、首は真っ直ぐ伸ばすのが◎。


顔がどんなにキレイでも、首に横ジワがあったり、黒ずんでいたら……百年の恋も冷めちゃいますよね。今年は首をチャームポイントにできるよう、今日から首ケアを始めましょう!


(馬場 さおり)

知られざる美肌の立役者!ビオチンって肌にどういう効果があるの?

ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

【参考】
仲里あやね(フェイシャルヨガインストラクター)