シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

シミ予防やダイエットに◎簡単お洒落な素麺アレンジ2選

簡単に作れてツルっとすすれる素麺は、暑くて食欲がわかない日にぴったり。でも、素麺だけでは栄養不足になってしまうもの。

そこで今回は、手軽に作れて栄養満点な「アレンジ素麺レシピ」を、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

素麺アレンジレシピ

生ハムとトマトのカプレーゼ風そうめん

生ハムとトマトのカプレーゼ風そうめん

材料

・素麺(乾麺) 80g

・生ハム 3枚

・トマト 1個

・バジル 6枚

・モッツァレラチーズ 30g

・EXVオリーブオイル 大さじ1

・めんつゆ 大さじ1

・ブラックペッパー 少々

作り方

1.鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら素麺(乾麺)を入れて約2分茹でる。

2.1の準備をしているあいだに材料を食べやすい大きさに切る。

3.ゆであがったら手早くざるに上げて冷水にとり、しっかり水気をきったら器に盛る。オリーブオイルとめんつゆを回しかけてさっと混ぜたら、カットした具材を盛り付ける。ブラックペッパーをまぶせば完成。

インナービューティーポイント

トマトに豊富な抗酸化作用の高いリコピンは夏の紫外線ケアをサポート。油と合わさることで体への吸収率が高まります。
オリーブオイルにはアンチエイジングビタミンと呼ばれるビタミンEが豊富。バジルの爽やかな香りで、夏バテ気味の時でも食欲がすすみます。

パクチーとささみのエスニックそうめん

パクチーとささみのエスニックそうめん

材料 ~1人分~

・素麺(乾麺) 80g

・ささみ 1本

・パクチー 3本(お好みで増やしてもOK)

・レモンくし切り 1個(ライムでもOK)

・酒 大さじ1

-A-

・レモン汁 小さじ1

・めんつゆ 大さじ2

・ナンプラー 小さじ1

作り方

1.鍋にたっぷりの水、酒、ささみを入れて火にかける。その間にパクチーを約2cmに、レモンをくし切りにしておく。Aはあわせておく。

2.ささみに火が通ったら、一旦火を止めて取り出し、冷水に上げて食べやすい大きさに手で割き筋を取り除く。
※この時、ささみのゆで汁は使うので捨てないこと!

3.再度ゆで汁を火にかけ、沸騰したら素麺(乾麺)を入れて約2分茹でる。

4.ゆであがったら手早くざるに上げて冷水にとり、しっかり水気をきったら器に盛る。Aを回しかけてさっと混ぜたら、ささみとパクチーを盛り付けレモンを添えれば完成。

インナービューティーポイント

低カロリー高たんぱくなささみは、ダイエットにもおすすめの食材。鶏のうまみたっぷりのゆで汁を活用することで手軽においしく、しかも少ない洗い物ですむのも嬉しいポイント。

レモンに豊富なビタミンCで、紫外線ダメージによるシミ・ソバカス予防が期待できます。


お気に入りのレシピは見つかりましたか? 他にも話題の「サバ缶」を大葉やミョウガなどたっぷりの薬味と合わせた素麺や、人気の「桃×モッツァレラ」を素麺にのせるのもおすすめ! 納豆卵かけごはんならぬ、納豆卵かけそうめんも手軽でおいしいですよ。

どんな食材ともよく合う素麺。冷製パスタ感覚で、お気に入りのアレンジ素麺レシピをいろいろと楽しんでみてくださいね。

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

【あわせて読みたい】
▽体の中からキレイを磨くレシピをもっと見る
ノンアルビールにちょい足し!美容にうれしいカクテルレシピ
永久保存版!ダイエットにも◎「朝ブロッコリー」のススメ
シミ予防や代謝アップに!5分でできるブロッコリーレシピ4選
初夏のピクニックに◎美容にうれしい変わり種おにぎり3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

【参考文献】
※吉田企世子・松田早苗/監修(2016年)「あたらしい栄養学」(高橋書店)
※蒲池桂子/監修(2010年)「美肌美人栄養学」(エクスナレッジ)
※三輪正幸/監修(2012年)「からだにおいしい フルーツの便利帳」(高橋書店)
※伊達友美/著(2010年)「食べる美女肌セラピー」(エクスナレッジ)
※田中敬一・原田都夫・ 間苧谷徹/著(2016年)「科学的データでわかる 果物の新常識:ガン・心臓病・脳卒中・認知症を寄せつけない 知られざる果物の機能性」(誠文堂新光社)
※上西一弘/著(2016年)「栄養素の通になる」(女子栄養大学出版部)
※板木利隆/監修(2008年)「からだにおいしい 野菜の便利帳」(高橋書店)
※吉田企世子/監修(2016年)「旬の野菜の栄養辞典」(エクスナレッジ)
※斎藤糧三/監修(2016年)「スーパーフード事典 BEST50」(主婦の友社)
※藤原昌高/著(2010年)「からだにおいしい魚の便利帳」(高橋書店)
※白澤卓二/監修(2018年)「医者が教える最強の食事術」(宝島社)
※(2017年)「スパイス&ハーブの使いこなし事典」(主婦の友社)

関連記事