シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

シブヤ的群衆行動は「かならず」モテる!そこに隠された心理とは

“シブヤ的群衆行動”って、きいたことがありますか。

たとえば、昨年のハロウィーンでは、仮装した男女が渋谷や六本木に集まり、互いに写真を撮り合ってSNSへアップするということが話題になりましたよね。

そういった、“みんなで一緒に盛り上がりたい”と、集まっちゃうことを『NTTアド』によれば、“シブヤ的群衆行動”とよぶようです。

そんな、シブヤ的群衆行動は、みんなで一緒に盛り上がるだけではなく、異性からモテやすいって、知っていましたか?

今回は、シブヤ的群衆行動とモテの関係について、紹介したいとおもいます。

 

■シブヤ的群衆行動でモテる

なぜ、シブヤ的群衆行動でモテるのか。

そこには、心理学における“類似性—好意効果”というものが影響しています。

つまり、自分と似ているひとに対して好意をもちやすいということなんです。

シブヤ的群衆行動というのは、ハロウィーンやスポーツなど、同じイベントを楽しみたいと集まる行動。

ですので、当然ながら集まっている目的も同じですし、ファッションだって同じということも。

サッカーのワールドカップ予選などは、いい例ですよね。

みんな、同じように日本代表のユニフォームを着て、同じように日本代表のプレーに一喜一憂する。

モテないわけがないんです。

 

■どんなイベントに行くべきか

では、どんなイベントでシブヤ的群衆行動しちゃうのがいいのでしょうか。

調査によれば、女性はハロウィーンや地元のお祭りへの参加率が高いのに対して、男性は日本代表戦などのスポーツ系への参加率が高いことがわかっています。

ですので、モテだけを考えるのであれば、男性が多いスポーツ系のイベントに出かけるのがオススメなんです。

 

いかがですか。

2016年は、みんなで一緒に盛り上がる場所が、新しい出会いスポットになる予感。

友達を誘って、参加してみませんか。

 

【画像】
wavebreakmedia / Shutterstock