シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

コーヒーだけじゃない!シャキーンと「午後の眠気撃退」魔法の食べ物3つ

食欲と睡眠欲が加速する秋。眠くなる午後、オフィスでコーヒーのガブ飲みをしていませんか? 

過去記事「思わず飲みたくなっちゃう!? “コーヒーの美容・健康効果”まとめ」ではコーヒーの効能をご紹介しましたが、やはり飲み過ぎはカラダによくありません。

ですが実は、カフェイン以外にも目を覚ましてくれる食べ物があったのです! 海外情報サイト『Style Caster』と『Women’s Health』をもとに、あなたをシャキッとさせる魔法のような食べ物を3つお届けします。

 

■1:りんご

りんごの糖質がカラダを目覚めさせます。ミネラル、ビタミン、抗酸化作用成分を潤沢に含んでいるのでカラダに栄養素を与えるだけでなく、豊富な食物繊維がお腹に満足感も与えます。お通じもよくなるので、食後のコーヒーをりんごに置き換えるのもよいですね。

以前ご紹介した記事「やっぱ食べよ!便秘解消だけじゃない“女子にはりんご”な理由」では、りんごの健康・美容効果について詳しく説明していますので、ご参考にして下さいね。

 

■2:アーモンド

アーモンドの良質な脂質とたんぱく質は血糖値を安定させ、カラダに活力をもたらします。他の食品と較べ、抗酸化作用のあるビタミンE含有量がNo.1のアーモンド。ミネラルもふんだんに入っており、アンチエイジングのほかに骨粗鬆症を予防するなどの健康効能も高いのです。

過去記事「アーモンドはダイエットの強い味方!」によると、食欲を抑え腹持ちもよいのでダイエットにも最適だとか。

持ち運びをしやすいので常に持っていて、眠くなったりお腹が空いたりしたらつまむとよいかもしれませんね。

 

■3:枝豆!?

枝豆に含まれた食物繊維とたんぱく質が、カラダを元気づけます。我々日本人は塩ゆでした枝豆を食べますが、ローストして塩と胡椒で味をつけた枝豆もおやつにぴったり。

冷凍のむき枝豆にオリーブオイル、シーソルト、黒コショウを適量振りかけ、190度に熱したオーブンで30分から40分ほど焼いてください。焦げないよう、10分毎に様子をみながらかき混ぜます。枝豆が少し黒くなってカリッとしてきたら出来上がり。

ナッツのような食感がたまりません! ロースト枝豆を残業時のスナックにするのはいかがでしょうか。コーヒーと違って食べ過ぎても、眠れなくなることもありませんよ。

 

カフェインの代わりにカラダに“カツ”を入れるのは、質の良いたんぱく質、食物繊維、脂質、糖質などが豊かな食べ物。「コーヒーを飲み過ぎた!でも眠い、疲れた!」と思ったときは、上記の食品を試してみてくださいね。

 

【参考】

8 Foods That Wake You Up in the Morning – Style Caster