シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

コンビニ食が増えたら!週末摂りたい医師推奨の「デトックス食材」

働き女子であれば、コンビニ弁当や冷凍食品などを食べる機会があるでしょう。できるだけ体に良いものをと、心がけていても忙しいときはどうしても簡単なものに手が伸びます。

保存料などの化学製品だけでなく、脂質や糖分も多く含む食べ物はできるだけ取らないことに越したことはありませんが、どうしてもそれらを“減らす”ことができないのであれば、“デトックス”することに注目してみましょう。

海外の美容専門サイト『BYRDIE』の記事で医師のフランク・リップマンは「デトックス作用のある食材を取れば、自然なプロセスで解毒することができる」と述べています。

そこで今回は、同記事を参考に美容ライターの筆者が、食生活が偏りがちな時こそ積極的に取りたい“デトックス効果抜群な食材”をご紹介します。

 

■1:アブラナ科

タマネギ、ニンニク、カリフラワー、キャベツなどのアブラナ科の食材は、解毒作業が行われる肝臓の働きをサポートすると知られています。

とくに血液をサラサラにする効果があり、免疫力を上げて病気を遠ざけます。

 

■2:大根

酵素を豊富に含む大根は、中国では古くから消化を助ける食材として薬のように扱われてきました。加えて、ビタミンC、カリウムも多く含み、デトックス効果意外にも肝臓・腎臓の働きを活発にさせるのです。

日本でも馴染みの深い食材だけに、日常に取り入れるのは簡単なはず。

 

■3:レモン

ビタミンCを多く含むとして知られているレモンは、デトックス効果を期待するなら真っ先に取り入れるべき食材。疲労回復にも効果的で健康にも好影響なだけでなく、シミ・シワを防いで肌の老化防止にも繋がります。

医師もオススメしているように、朝は生のレモンを絞ったレモン水で一日をスタートさせてみては?

 

以上、今回は食生活が偏りがちな時こそ積極的に取りたい“デトックス効果抜群な食材”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

栄養のバランスが取れた健康的な食生活を送ることは理想ですが、働いていると常に完璧とはいきません。ときには好きなものを好きなだけ食べてみてもいいのです。

これからは罪悪感を感じてストレスを増やすのではなく、取り入れてしまったものは外に出すように心がけてみてくださいね。

 

【参考】

※ Doctor’s Orders: Eat These 4 Detoxifying Foods Every Day – BYRDIE

あわせて読みたい