シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

コンビニ店員をかわいいと思ってしまう理由とかわいいコンビニ店員へのアプローチ

1:コンビニ店員さんはガススタ女子と並んでかわいいしモテる!

「ガソリンスタンドで働く茶髪女子はかわいい」というのは、男性の中での定説とされているもの。キビキビ働いている感じや、ちょっとしたやさぐれ感、そして厳しい労働環境の負けないスマイル……。

でも、日常的に接しているコンビニ店員さんのことも、かわいいと思っている人も少なくないはず。

そこで今回『Menjoy!』では、20~30代の男性264名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「コンビニの店員さんをかわいいと思ったことはありますか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおり。

ある・・・154人(58.3%)

ない・・・110人(41.7%)

6割近くの男性が、コンビニの女子店員さんをかわいいと思ったことがあることが判明しました。

では、その「かわいい」の正体は何なのでしょう。実際に顔がかわいいの? それとも対応のせいでかわいくみえるの? 今回は、コンビニの女子店員さんさんがかわいくみえる理由に迫っていきます。

 

2:なぜ?コンビニ店員さんをかわいいと思う理由

(1)朝でも夜でも懸命に働いている

24時間営業のコンビニでは、早朝や夜遅くでも女性が働いていることがあります。仕事帰りの夜遅くに寄ったコンビニで、女性に接客してもらったら、ちょっとした癒しを男性は感じるもの。自分が働いていない時間でもちゃんと働いている……。そんな光景を目の当たりにすると、かわいく見えてしまうものなのです。

どんな仕事でも一生懸命働いている女子はすてきですが、間近でその姿を見れるコンビニでは、なおさら魅力が増して見えるでしょう。

(2)接客の距離が近い

コンビニの仕事は多種に及びます。いろいろな業務をテキパキとさばいている姿というのは魅力的なもの。重たい荷物を運んでいたり、掃除をしていたり……。

また、「これってどうすればいいのかな……」と悩んでいると、優しく教えてもらえることも。そのときの距離も近いため、女子店員さんの顔を見たり、声を聞いたりが、身近に感じられるのです。これもかわいさを感じる理由のひとつでしょう。

(3)制服が似合う

コンビニの制服は、老若男女問わず着こなせるような色合いやデザインが多いですが、大きな特徴は、親しみがあって、清潔感もあるところ。清潔感と親しみ、これはかわいい女子のポイントのひとつといえます。それが制服で表現できるのもコンビニ店員さんがかわいく見える理由ではないでしょうか。

(4)若い子が多い

コンビニの中には、高校生でもバイトを受け入れているところもありますし、土日に行くと、学生も多く働いているのがわかります。そういった若い女性が多いということは、必然的にかわいいと思う可能性も、当然高くなります。

(5)会話するチャンスが多い

コンビニ店員さんとは、会話をするチャンスが多くあります。

ただレジ対応をして、袋詰めをしてもらうだけでなく、たばこやホットフード、おでんを頼んだり、飲み物を注文したり、公共料金を払ったりなどするときには、さらに会話も増えますよね。

ちょっとした会話があるだけでも親しみを感じやすくなり、何気ない雑談に発展することも。機械的な会計のやり取りのシチュエーションに比べ、会話ができるコンビニのほうが、店員さんがかわいく見えるのは自然なことでしょう。

 

3:話しかける?連絡先交換は?好意を寄せるコンビニ店員さんに自分からアプローチするなら…5つ

かわいいコンビニ店員さんがいたら積極的にアプローチしたいもの。そこで、アプローチの仕方の例をあげてみます。

(1)同じコンビニに通う

どこのコンビニに行っても品ぞろえはほぼ一定ですが、せっかくなら常連客になりましょう。

何度もお客として通ううちに、店員さんのメンバーや勤務時間などを把握できます。まずは好意を寄せるコンビニ店員さんがよく働いている時間帯について知ることが大切です。

大勢の人が訪れるコンビニでも、頻繁に来てくれるお客さんの顔というのは、店員さんは覚えているもの。また、買うものもいつも同じものにすると、より印象付けされやすいでしょう。

(2)できるだけ会話をする

好意を寄せる店員さん以外とも、できるだけ会話を心がけましょう。このときの会話は雑談ではなく「いらっしゃいませ」の挨拶に「こんにちは」と言ったり、「ありがとうございました」という言葉に「こちらこそどうも」といったように、挨拶を返す感じです。

ちょっとしたことに反応があると店員さんは嬉しくなりますし、印象も良くなります。この人は良いお客さんだとコンビニ全体に印象づければ、バックヤードでも話題になるかもしれませんよ。

(3)良い客でいる

コンビニ店員さんにもいろいろな人がいるもの。なかにはあまり接客が上手ではない店員さんもいます。また、混んでいてなかなかレジが進まないこともあります。自分自身が気分が悪くて、不機嫌なときもあるでしょう。

そんなときでもイライラして店員さんに当たったり、偉そうな態度を取ったりするのはやめましょう。嫌なお客さんの話は、コンビニ店員さんの中で共有されている場合が多いので、好意を寄せている店員さんの耳に入るかもしれません。そうすれば印象が悪くなってしまいます。

(4)雑談をする

目当ての店員さんさんがレジを担当してくれたら、ちょっとした雑談をするようにしてみましょう。

いちばん無難な話題は“天気”です。「今日は寒いですね」「昨日の雨はすごかったですね」のように、天気の話であれば、どんな人でも共通でできます。

また「この新商品、気になってたんです」といった、買ったものについての話でもいいでしょう。相手が会話に乗ってきてくれたら「食べた感想を今度言いますね」などと言えば、次につながります。

ただし、あまりにレジが混んでいて忙しいときの雑談は控えましょう。

(5)仲良くなれたと思ったら連絡先を渡す

店員さんのほうから声をかけてくれるようになったら、かなり打ち解けられているはずです。雑談ができるくらいになったら、思い切って連絡先を渡してみましょう。

これまでの会話で興味があるものがわかっていたら、デートに誘ってみるのもあり。デートに誘うのに自信がないときは、まずは自分のLINEやインスタ、Facebookのアカウントなどを紙に書いて渡しましょう。

自分に対して好印象だった場合、気があるということを見せるだけで相手も気になってくれるかもしれません。

 

4:まとめ

コンビニ店員さんと仲良くなるためには、まずは良い常連客になることがいちばん。そして、もし、アタックしてダメだったら、すんなりと諦める心も大事。

行きすぎるとストーカー扱いされてしまう可能性が高いので、その点にも気をつけましょう!