シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ココナッツはオイルよりもミルクが良い!?ダイエット効果と簡単レシピ

美容と健康に役立つスーパーフードとして人気の「ココナッツオイル」。最近では、コンビニでも見かけるようになりましたね。サラダや飲み物に入れたり、調理にも使えて使い勝手の良い良質オイルなのですが、油っぽさが苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが「ココナッツミルク」。ココナッツに詳しい順天堂大学大学院の白澤教授によれば、オイルよりミルクのほうが身体への吸収が良いそうですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■オイルよりミルクがおすすめの理由

ココナッツに含まれる「中鎖脂肪酸」。中鎖脂肪酸を摂ることで体内に産生される「ケトン体」は、既に身体に備わっている抗酸化酵素の働きを高める効果や、糖の代わりにエネルギー源となるため、空腹を感じにくくさせる働きがあると言われています。そのため、ダイエットやアンチエイジングに役立つと注目されています。

先述の白澤教授によれば、脂質は胆汁によって水分と混ざり合ってドロドロの状態になってから初めて身体に吸収されるのだそうです。それゆえ、脂質が多いココナッツオイルより、すでに乳化している(液体と混ざり合っている)ココナッツミルクのほうが、中鎖脂肪酸の吸収が良いとのこと。


■簡単!ココナッツミルクを使った美味しいおやつレシピ3つ

●ココナッツミルクアイスクリーム

ココナッツミルク(400ml)とバナナ(2本程度)をミキサーにかけ冷凍するだけ! ココナッツの甘い香りとバナナの甘味で甘味料を加えなくても、充分な甘さが楽しめます。

●ココナッツミルクヨーグルト

プレーンヨーグルトにココナッツミルクを混ぜるだけ。ヨーグルトの酸味がまろやかになり、プレーンの酸っぱさが苦手な方にもおすすめです。

●ココナッツミルクプディング

ココナッツミルク(200ml)にチアシード(30g程度)を加え一晩冷蔵庫で保存します。翌日には、チアシードがココナッツミルクを吸ってプディング状に! そのまま食べても、ハチミツや黒蜜をかけてもおいしいですよ。


ココナッツミルクは、コーヒーに入れたり、ハチミツなどの甘味料を加えれば、そのまま食べても立派なデザートになります。ダイエット中のおやつにも最適ですので、ぜひ、お役立て下さいね。


(岩田 麻奈未)

【参考】
2015年5月27日放送「L4you!」ボケない!老けない!太らない!?ココナッツミルク(秘)パワー(テレビ東京)