シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ゲ…毎日やってた!「ラブLINEしまくるカップル」の落とし穴

愛しの彼とのLINEタイムって、楽しいですよねぇ。

テンポよく会話をしていると、「気づいたら、1時間経っちゃってたっ!」なーんてこともよくありがち。

そんな愛のコミュニケーションを日常としているそこのあなた、朝起きてから寝る直前までダーリンとのLINEにハマりまくっていると、とんでもない落とし穴が待ち構えているかもしれませんっ!

 

■彼とLINEしまくるとカラダに不調を招く!?

サニーヘルスの発表によれば、夜遅くまでスマホの画面を眺める行為は、太りやすくなるリスクを高める可能性があるのだそう。

その理由は、スマホから出ている“ブルーライト”と呼ばれる光にあります。ブルーライトは、可視光線(目に見える光)の中でも網膜まで届く波長の強い光で、目に刺激が強いものなのだとか。

眼精疲労や頭痛などの症状、更には睡眠リズムに悪影響を与える可能性もあり、彼とLINEをしまくっている女性ほどカラダの不調に悩まされるリスクも大きそう。

スマホで愛を確認し合っているカップルほど、健康を犠牲にしていると言っても過言ではなさそうです。

 

■深夜のラブLINEは睡眠の質を落とす

さらに、夜遅くまでスマホを眺めていると、画面から発せられるブルーライトが目を刺激してしまうことにより、脳は昼間だと誤認しメラトニンの分泌が抑制されるのだとか。

メラトニンは、人の体内時計を司るホルモンのひとつで、分泌が抑制されると、入眠を妨げ、寝つきが悪くなったり深い眠りを得られにくくなったりするなるなど、睡眠の質を落とす要因にもなるとのこと。

深夜のLINEタイムは、ラブラブ満足度が高い一方で、美容や健康にも悪影響だと肝に銘じておきたいですよね。

 

■LINEタイムが長~い人ほどポチャになる!?

さらにショックな事実として、LINEタイムが長~い人ほど“ポチャ化”するってご存じですか!?

人間は、食欲を増進させる働きを持つホルモンの“グレリン”、反対に食欲を抑えるホルモンの“レプチン”のバランスが崩れると、太りやすくなるのだそう。

睡眠時間が短い場合、グレリンの分泌が増えてしまう研究結果もあり、寝る間も惜しんでLINEしまくっていると、ホルモンバランスを崩していることに。

一方、毎日7.5時間以上の睡眠をとるとレプチンの作用でグレリンが抑えられるという研究結果もあるそうですから、睡眠時間を削ってのラブLINEはポチャ化を招く悪習慣になっちゃうのですね。

 

いかがですか?

彼とのLINEは愛の証ではありますが、長時間スマホを眺め続けていたり、深夜までLINEを楽しんでいたりする行為は、カラダを犠牲にしているリスクが大きそうです。

 

【画像】

Kudla / Shutterstock