シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ゲッ…目線がお尻に!下半身デブが悪目立ち「ワイドパンツ」のNG3つ

女性が太ると、なぜヒップや太ももがぽっちゃりするんでしょうか……。今季はワイドパンツもバリエーションがたくさん出ているので、絶対にトライしたいところですが、「ワイドパンツは、太もものところがぱつんぱつんになってしまうし……」なんて悩んでいる下半身ぽっちゃりさんはいませんか? ワイドパンツをはいても、下半身を目くらましするコツがあるんですよ。

そこで今回はファッションライターである筆者が、下半身が悪目立ちしちゃうワイドパンツのNGコーデを3つご紹介します。

 

NG1:レイヤードプルオーバー

ショート丈のプルオーバーに長め丈シャツがくっついているデザインが、流行っていますよね。“レイヤード”プルオーバーとは、プルオーバーからシャツがはみ出ているように見えるトップス。お腹周りやヒップを隠してくれますが、ワイドパンツとあわせるともっさりして見えちゃいます。

なぜなら、ヒップにかかるインナーのシャツに目線が行き、その後もワイドパンツのフレアへと、下へ下へと目線が下がるので、下半身デブに見えちゃうのです。

ワイドパンツをはくときは、目線を上に持っていくように、思い切ってコンパクトなショート丈をトップスにもってきましょう。長めのトップスならインすれば大丈夫。

 

■NG2:ごつめシューズ

今季はエンジニアブーツやサイドゴアブーツなど、メンズライクなブーツが大流行。特にベルト使いがハンサムなブーツはかっこよいのですが、ワイドパンツにはあいません。

ごつさが目立つシューズは、やはり目線を下のほうに持ってきてしまうのです。視線を集めるワイドパンツには、パンプスやブーティーなどで華奢な足元を演出し、すっきり見せましょう。

 

■NG3:ダウンコート

ボリュームがあるワイドパンツのアウターにダウンコートをあわせると、着膨れ感満載。ワイドパンツのアウターは、チェスターコートなど細身のすとんとしたシルエットを選んで。

ワイドパンツとチェスターコートを同色系にして、Iラインを強調すると細長効果でスリムに。

 

ロングスカートなどもそうですが、下に目線が行きがちなすそ広がりの長いボトムスをはくときは、目線が上へ行くように着こなしたほうが好バランスに。

挿し色ストールやカーディガンを巻いたり、高めお団子にゆったり、髪をアップスタイルにして大ぶりのピアスなどで装ったりすると、全体が引き締まりますよ。ぜひトライしてみて。

 

【おすすめ記事(PR)】