シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ゲッ…そこ!? 婚活しているのに「結婚できない女性」の真実3つ

結婚したいっ!と本気で行動しているのに、まったく結婚できない……。「いったい、私のナニが悪いの!?」と、お嘆きの女性もいますよね。

真剣に婚活しているのになかなか結婚に至らない女性には、共通する落とし穴があるよう。

そこで、ウエディングパークが既婚女性たちに実施した調査も参考にしつつ、本人が無自覚なままに陥っているリスクが高い“結婚できない女性の真実”を3つお伝えします。

 

■1:じつは消極的

婚活が成就した人たちが結婚を意識し始めた時に心がけていることは、自らキッカケづくりをするなどの積極性なのだそう。

女性から結婚を催促する行動なんて「恥ずかしくてできない!」と言っている間に、どんどん周りに先を越されてはいませんか?

同調査によれば、既婚女性の2人に1人が「結婚したい」を自らアピールしていたとの結果もでていて、世の女性たちは、案外と“したたか”に結婚に向けて動いているのが実態のよう。

 

■2:じつは妥協していない

独身時代に描いていた理想のお相手とゴールインできている女性ばかりではないのが、結婚の現実。

“独身時代にイメージしていた理想の相手”と結婚できたかを調査してみると、一番多かった回答は「80%理想の相手」で55.1%に達します。

2人に1人の女性は、パートナーに対して何らかの“妥協”をして結婚しているのが現実なのです。

「私に釣り合う完璧なお相手を!」と探しまくっているうちに、婚期を逃しちゃうのって残念すぎますよね。

 

■3:じつは価値観が同じ人を求めすぎている

一般的に、結婚相手には「価値観が同じ人を求めるとイイ」って言われます。だからといって、完璧に一致する人なんてなかなかいないのも、現実ですよね?

生まれや育ち、社会人となったあとの環境も異なるなかで、まったく同じ価値観を有するパートナーに巡り合えたら、それこそ奇跡です。あまりにも“価値観”にこだわりすぎると、婚期を逃してしまう引き金にも。

同調査では、“結婚相手に妥協した条件”を質問すると「価値観」というキーワードを挙げた女性が目立ったそうですので、世の既婚女子たちはカレシの価値観にも妥協しているのが実態なんです。

 

いかがですか?

理想通りのお相手とゴールインできれば越したことはありませんが、現実はそう甘くないですよね。もちろん、結婚したいからって、なんでもかんでも妥協すればイイってものでもありません。

でも、真剣な婚活が何年も実らない……とお嘆きの場合、こんな思考の落とし穴にハマってはいませんか!?

 

【画像】

Andrey Myagkov / Shutterstock