シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

クマに食べられたらこんな感じ!? 中の色から牙まで、なにもかもが超絶リアルな寝袋があった

k
アウトドアには欠かせない、寝袋。さまざまなデザインが登場している昨今、その中でもとりわけパンチが強いのを発見しちゃいましたよ。

フェイクファーによる、柔らかで艶やかな毛並み。にょきっと突き出た鋭い牙に、パカーンと開いた、大きなお口……。

『The Great Sleeping Bear』は一見すると、クマの着ぐるみ、そのまんま! そんなわけなので、中へ入るとあたかも「クマに食べられている人」にしか見えないっ。いやはや、ブラックユーモア炸裂でございますなぁ。

【中の色がアレ】

鼻も口もなにもかも、すべてハンドメイドで作られているという同品を制作したのは、アーティストのEiko Ishizawaさん。

チャックを開くと、中はほんのりサーモンピンク。妙にリアルな色のチョイスが、生々しくっていいっ。入るのを一瞬躊躇してしまうけれど、それもまたよしっ。こういったところにも、同品に対する、深〜いこだわりを感じずにはいられません。

kuma

【約10年前に起きた「野生のヒグマ騒動」からインスパイア】

Ishizawaさん曰く、同品のインスピレーションのもとは、2006年にドイツ・オーストリア国境付近で起こった「野生のヒグマ騒動」であるとのこと。

同地において、170年ぶりに発見された野生のヒグマ。なんとこの子、イタリアから国境を越えてやってきたらしいのですが……これがめちゃくちゃ暴れん坊! 人家のすぐそばまでやってきて、飼育箱を破壊したり家畜に手をかけたりして、住民たちに多大な迷惑をかけていたんですって。

そのため国側は止むを得ず、クマを射殺。これに自然保護団体などが猛講義し、当時大きな議論を呼びました。

【そうして出来上がったのがこの寝袋】

この事件に興味を抱いたIshizawaさんは、190x73x78cmサイズの寝袋を作成。野生への憧れと、文明とのボーダーライン、双方の矛盾した関係性を表現したのだそう。

【めっちゃ高いです】

なお同商品、海外サイト「cargocollective.com」においてオーダーに関する問い合わせができるようで、気になるお値段は、日本円でおよそ28万円也〜!!

お値段にもビックリですが、もしも「なんにも知らずに」テントの中でこれを発見したら、これまた腰が抜けちゃいそうですよね。仮に外で着用しようものなら、騒動に発展しそうなレベル……。

ってなわけで、購入した際には、家の中でのみ使うようにしようねっ。おねえさんとの、約束だよぉ! 

参照元:EIKO ISHIZAWAcargocollective.com
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る

オリジナル記事: クマに食べられたらこんな感じ!? 中の色から牙まで、なにもかもが超絶リアルな寝袋があった
Copyright© Pouch[ポーチ] / SOCIO CORPORATION. All rights reserved.

●関連記事