シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

クマくすみを解消!キメも整う「肌温活」のススメ

日に日に寒さが厳しくなる今日この頃。なんとなく顔色が冴えなかったり、目の下のクマや肌のくすみが気になっていたりしませんか? そんな時は「肌温活」がオススメ。肌温活は「クマが目立たなくなる」「顔色が良くなる」「肌のキメが整う」など、美肌に嬉しいことばかりですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■冷えはお肌の大敵!

冬は肌のコンディションが今ひとつ……という人におオススメしたいのが、肌のための肌温活。冬の寒さで身体が冷えると血液は皮膚に酸素や栄養を運びにくくなるため、肌はうるおいを失ってカサカサの状態に。また血流が悪くなるため顔がくすんだり、クマが目立ったりしてしまいます。肌を冷やさないようにすることが、冬の美肌をキープする鍵となるようです。


■肌温活が与える好影響3つ

(1)クマが目立たなくなる

冷えによって全身の血行が悪くなってしまうと、顔のくすみやクマが目立ってしまいます。頭部の血流に大きく関わる首元を冷やさないようし、皮膚温を高めることがクマ予防のポイントです。


(2)顔色が良くなる

気温が低下すると、それに伴い皮膚温も低下します。皮膚の温度が低下すると、皮膚の活力も下がり、血流が滞って顔色がくすんでしまうのだとか。皮膚温が下がらないように、マッサージなどをして肌に適度な刺激を与えるなど、肌を活性化させるケアをしましょう。


(3)肌のキメが整う

冷えと乾燥は表裏一体。気温の低下で冷え切った肌を放置していると、どうしても肌が乾燥しやすくなります。肌を温めて、保湿をすることで、水分量や角質のバリア機能が上昇してキメが整うはず。


寒い冬でも艶ピカ肌をキープするためにも、温活は欠かせなさそうですね。


(前田紀至子)

手足が冷えて眠れない…。自然な眠りへ導くホットドリンク3つ

ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

【参考】
もう、乾かさない!冷やさない!特集「あたたか美人 ~冬温活のススメ」寒い冬に負けない美容法をご紹介 – 資生堂
顔色が悪い – 武田薬品工業