シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ギラギラ感は好きじゃない?上品なラメネイルにする秘訣とは

ラメネイルをしたいけど、「不自然にギラギラしたものは苦手」という人もいますよね。この記事では、ナチュラルな印象のラメネイルをご紹介します。ナチュラルなラメネイルなら、オフィスや合コンといった、清楚見えを狙いたい場面でも活躍してくれますよ。

秘訣1♡肌馴染みのいいラメをチョイスする

 H&S

H&S

上品なラメネイルにする秘訣の1つめは、手肌によく馴染むラメをチョイスすることです。おすすめカラーはズバリ「ピンク」。ピンクといっても、ギラギラしたショッキングピンクや粒子の大きなラメではなく、落ち着いた色味で粒子が細かい控えめなラメがマストです。

例えば、桜色のラメなら、ラメグラデーションのほかに特別なアートをしなくても上品で華やかにきまります。ラメだけでも十分綺麗ですが、より発色をよくしたい人は、ベースをピンクのカラーグラデーションにして、その上から桜色のラメを乗せれば完璧です。

ピンクのラメグラデーションに、リボンの3Dアートを乗せるのも上品でかわいいです。デートや合コンでもウケが期待できるデザインですよ。
 Cure

Cure

秘訣2♡さり気なく輝くクリアラメもアリ

 はあとねいる

はあとねいる

オフィスでは、クリアラメもおすすめです。クリアラメなら、色味がなくキラキラと光るだけなので上品にきまります。

クリアラメのほかに、クリアホロを入れても美しく輝きますよ。数本の爪にだけスタッズやストーンを散りばめると、華やかな印象になるでしょう。

クリアラメなら大きめのゴールドパーツやストーンといった大胆モチーフを乗せても、派手になり過ぎません。むしろ、パーツが引き立ち、おしゃれに見えますよ。カラーレスなクリアラメはさり気なく光る美しさが魅力です。
Slow (埼玉県伊奈町)

Slow (埼玉県伊奈町)

秘訣3♡ゴールド系を選ぶときはピンクゴールドがおすすめ

OCO nail

OCO nail

「ゴールド系が好きだけど、ギラギラするのはイヤ」という人は、「ピンクゴールド」を選びましょう。

ピンクゴールドは、ゴールドと比べて肌馴染みがいいので、年齢を問わず手肌にマッチします。また、ギラギラ感も控えめなので上品ですよ。ラメの分量を多くして根元までのグラデーションにすれば華やかなパーティーシーンに、ラメの分量を少なくして先端だけのグラデーションにすればオフィスやデートといったナチュラルさが求められるシーンで活躍します。
Vikey

Vikey

ラメネイルを上品に仕上げるには、「肌馴染みのいい色」や「クリアラメ」、「ゴールドよりもピンクゴールド」をチョイスするのが3大秘訣です。ぜひお試しください。


Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事