シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

キ~ッ溜まる一方!「仕事ストレスに潰される」NG行動3つ

仕事をしているとストレスが溜まることもありますよね。気の合わない上司や同僚、終わることのない仕事や、次から次に入ってくる依頼など、働いているとストレスが溜まらないという方のほうが少ないのではないでしょうか?

しかし、世の中には全くストレスが溜まらないという人もいるようです。

そんな人は何か特別なことをしているのでしょうか?

そこで今回は、海外の女性向け情報サイト『AMERIKANKI』などの記事を参考に、“ストレスを溜めたくないのならやってはいけないこと3つ”をご紹介します。

 

■1:無計画に仕事を進める

ストレスを溜めない人で仕事ができる人の特徴は、しっかりと計画を立てていることです。

たとえば朝起きて、その日1日の計画をまず立てます。そして、やるべき仕事の優先順位を把握します。もちろん計画通りいかないことや、突発的に起こることで対応しないといけないこともあるでしょう。でも、この計画を立てていることで余裕を持って対応することができるのです。

計画は1日の計画だけではありません。1週間、あるいは1年間の計画があってもいいでしょう。事細かに設定する必要はありません。こうした計画があるだけで無駄に焦ったりすることも無くなります。

こうしたことの積み重ねが、ストレスフリーで仕事ができることになるのです。

計画を立てる、見通しを立てること。この作業に少し時間を割いてみてください。仕事をする上で余裕が出てくるはず。

 

■2:スタートが遅い

仕事に取り掛かるのが遅かったりしていませんか? もし来週の予定がすでに分かっているのなら、できるだけの準備をしておきましょう。もちろん仕事だけではありません。例えば、来月の忘年会の幹事だとしたら、その準備も早くからスタートしましょう。

とにかく、もし予定の決まっているものごとがあればできるだけ早くそれに取り掛かりましょう。スタートをできるだけ早くするのです。

ストレスを感じないで仕事を進めている女性の特徴は、なんでも取り掛かること、スタートが早いことです。

 

■3:決断が遅い

私たちは、毎日細かい判断から大きな判断まで数多くの判断をしています。

今日の夕飯に何を食べるのか? 誰と食べのか? 明日は何を着ようか? といったことから、転職をしようか? 彼と結婚しようか? といった、人生を左右するような大きな判断まで、いろいろありますよね。

もちろん、仕事を進めるうえでも同じです。

ストレスを感じずに仕事を進めることができる女性は、この判断が適切です。素早く判断します。もちろん時にはじっくり考えることが必要ですが、考えすぎは良くありません。時間を無駄にもしてしまいますし、何よりストレスになるはずです。

判断が適切で、早い。これがストレスを無くすコツでもあります。

 

以上、“ストレスを溜めたくないのならやってはいけないこと3つ”でしたが、いかがだったでしょうか? 思い当たる人もいるのではないでしょうか?

このようなちょっとした工夫でストレスを軽減することができます。さっそく今日から試してみましょう。

 

あわせて読みたい