シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

キュンキュンしちゃう! 好きな人に言われてうれしかったこと

破局を迎えてしまった恋人でも、その恋人に言われてうれしかったことってずっと記憶に残っていますよね。今回はそんな、好きな人に言われて記憶に残っているうれしかった言葉を集めてみました。

好きな人に言われてうれしかったこと

もったいなくて食べられない

「高校生の頃、付き合っていた彼に手作りのチョコレートを渡しました。美味しかったかどうか気になって、食べてくれたか聞いてみると、『もったいなくて食べられなくて、実はまだ食べていない』と言われてすごくうれしかった記憶があります。まあもしかすると、チョコレートが嫌いだったのかもしれないけど!」(29歳・Kさん)

▽ もらったチョコレートを毎日眺めていたんでしょうね。その姿を想像するだけでもキュンとしてしまいます。

会うと癒やされる

「当時恋人だった現在の夫に会うたびに『会うと本当に癒やされる』と言われたときは本当にうれしかったです。まあ今ではもう毎日顔を合わせるので、そんな言葉も言われなくなりましたけど。逆にウンザリしてるかも」(30歳・Nさん)

▽ 言葉では言わなくなったけれど、きっと毎日癒やされていると思いたいところですね。でも好きなお菓子を毎日食べていると、だんだん飽きてしまうように、慣れてくると癒やしの効果もなくなっちゃうものなのかも?

キレイな名前ですね

「今の彼と初めて会ったときに、私の名前を伝えると彼が『キレイな名前ですね』と言ってくれたことがとても印象に残っています。なんというかそういう言葉がサラッと出てくる彼の人柄はとても素敵だなと思いましたね」(28歳・Yさん)

▽ 名前を褒められることってそんなにないけれど、たしかに言われるとうれしいかも! あからさまに「可愛い顔してるね」と言われるよりも誠実さを感じるのはなぜなのでしょう。

どんな芸能人よりも可愛い

「そんなわけないのはわかっているけれど、彼が『どんな芸能人よりも可愛い!』と言ってくれたことはうれしかったですね。彼のためにいつでも可愛くいたいと思うようになりました」(30歳・Jさん)

▽ 彼にとってのスーパーアイドルなわけですね。こんなこと言われたら、もっと可愛くなろうって努力したくなりますね。

俺の友達が羨ましがってたよ

「彼氏の友達と偶然街で会ったことがあって、そのとき彼が私を友達に紹介してくれました。その後彼氏がその友達に会ったときに『○○の彼女、すごく可愛いね。俺の彼女と交換して欲しいくらい!』って言われたよと、うれしそうに私に言ってきてくれたときには、私もすごくうれしかったです」(29歳・Cさん)

▽「○○さんが可愛いって言ってたよ」と言った具合に、人伝いに誰かが自分のことを褒めていた話を聞かされると、100倍うれしく感じますよね。