シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

キモっ…否!まるでドラマ「人前での熱~いラブエピソード」6選

そこのアナタ、人前でラブラブしちゃったコトはありますか?

「そーゆーの苦手。そういうコトをヤってる人達みるとイラっとするし……」

ふむ。確かに……けど大好きでたまらない彼から迫られて「人前だからイヤっ!」なんて無下に断れますか?

きっと断れない方も多いはず。

そして人前で大胆なラブシーンを披露してしまった人もいるのではないでしょうか。

ってワケで合コン2,500回参加で合コン漫画家でもある筆者含めスタメン男女達のエピソードからピックアップして紹介します!

 

■『101回目のプロポーズ』も顔負け?

告白するシーンというとデートで2人きりになる場所か、電話が多いイメージでしょうか。

ですが人前で大胆に告白するひと達も意外といるようで。

「少し酔っていたコトもあるかもだけど……“付き合ってください!”と六本木のド真ん中で叫ばれた(笑)。まわりにいたひと達からは拍手が……キュンとしたけど、ちょっと複雑(笑)」(30代女子)

「3回目くらいのデートの帰りに、駅のホームで電車待ってたら……バイバイしたはずの彼が戻ってきてて、混雑したホームで堂々と告られた。恥ずかしかったけどドキドキした」(20代女子)

「デートの別れ際に街中で告白してきた女子がいた。断ったワケじゃないのに、興奮しちゃったのか泣き出しちゃって、まわりから注目されて嬉しいけど困った……」(30代男子)

いくつになっても青春ですね~!

恥ずかしさと快感は紙一重ともいうように、大胆な行動はキュンキュンしますね。

でも人前で泣くのは控えたほうが良さそうです。

 

■山本モナもビックリ?

有名人のスキャンダル等で“路チュー”はよく取り上げられますが、“路チュー”経験者の割合は男女ともに約半数という調査結果もあります。

「彼女がいるって知ってたけど、デートの別れ際に彼の元に走って戻って飛びついてチュー(笑)。大混雑の夜の数寄屋橋交差点で2時間くらいチューしっぱなし……(恥)」(20代女子)

「不倫の彼とは一緒にいれる時間が限られているから、一緒にいるときはできる限り“くっついていたい”と思う。路チューは基本だし、どこでもチューしちゃう」(30代女子)

「大好きな子とやっとデートできて、どうしても帰したくなくて……新宿駅の混雑したホームでチューした。そしたら相手もノってくれて結局終電なくして、ホテル行けた(笑)」(20代男子)

山本モナもそうですが“路チュー”をするのは、関係良好のカップルというより“不倫・浮気”や“これからどうなるか分からない”関係が多そうです。

限られた時間でも、結果を残したいという人間の本能?でしょうか。

関係良好なカップルは、わざわざ“路チュー”しなくてもたくさんチューしますもんね。

 

いかがでしたか。

よく、人前でイチャつくカップルはキモいなんて言われがちですが、意外と経験者はいるのではないでしょうか。

 

【画像】
glebTv / Shutterstock