シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

キスで舌を入れられるの…好き?気持ちいいディープキスの方法教えます

1:キスで舌を入れられるの…好き?

キスが盛り上がってくると、舌を入れられる、いわゆるディープキスになることもあるのではないでしょうか。濃厚なそのシチュエーションは、エッチに欠かすことができない要素です。

そこで今回は、ディープキスをしたときにパートナーに気持ちいいと言わせるテクニックについて、一緒に考えてみましょう。

 

2:興奮したディープキスエピソード5つ

まずは忘れられないディープキスを思い出してもらいつつ、そのポイントを見ていきましょう。

(1)音がいやらしい


「音がいやらしいと、ディープキスはエロいですね。僕の彼女は、舌使いというよりも、音がエロいんですよ。ディープキスするときに、あからさまに”ペチャ”って音がするんです。唾液の量が多いからですかね。

その濡れた感じが、エッチを連想しちゃう。すかさず彼女と、エッチしたくなります!」(Mさん・21歳男性/大学生)

(2)髪の毛が乱れがち

「彼女は髪がロングで、普段、キスするときは髪の毛を耳にかけてるんです。でもディープキスするときは、耳にかけてあった髪の毛が乱れて、僕の顔にあたるんですよね。髪の毛を乱れてるのも気にならないくらい、キスを楽しんでくれるのかとうれしくなります。

それに、髪の毛って顔にあたると、こそばゆい(笑)。その感覚が好きです」(Wさん・24歳男性/会社員)

(3)歯をなぞられる

「ディープキスって、舌の使い方に集中する男性が多いですよね。でも、それは私から言わせてみれば、それほど重要なことじゃない。舌を絡ませるより、歯をなぞられたほうがゾクゾクくるんですよ!

歯を舌でなぞられる感覚で、他にはありえないことだからか、余計に感じちゃう。“そこまで私を求めてくるなんて!”ってうれしくなっちゃいますね」(Iさん・29歳女性/看護師)

(4)頭を固定されてのディープキス

 

「ディープキスの興奮を左右するのって、実は男らしさであったりしません? 今の彼氏は、ドSだからか私の頭をがっつり固定(笑)。彼の舌が奥まで入ってくると逃げれないですし、苦しいんですけど、その感じにクラクラしてしまいます。

キスをするためにホールドされると、彼氏に独占されてる感じがたまらないんですよね♡」(Oさん・28歳女性/OL)

(5)喉まで伸びてくる舌

「舌の長さも関係あると思うんですけど、舌と舌を絡めるのはディープキスでは当たり前ですよね。

僕の彼女は、舌で軽く僕の舌先をどけて、そのまま、舌の根元あたりを舌で這ってくるんです! そんなディープキスされたことなかったので、驚きましたね。相当なテクニシャンですよ(笑)」(Uさん・34歳男性/税理士)

 

3:キスで舌を入れるタイミングは?ディープキスの仕方4つ

(1)唇をなぞるようにして

多くのカップルが、フレンチキスなどの、いわゆる普通の唇と唇を重ねるキスのあとにディープキスにうつりますよね。そのタイミングとしては、恋人の唇を軽く舌先でなぞるようにするのがポイントです。

フレンチキスをしてる最中に、いきなり舌が入ってくるとびっくりしますよね。唇をなぞるようにして、相手も応えてくれるようだったらディープキスにうつるのがいいでしょう。

(2)自分のタイミング優先でもOK

そもそも、キスをする相手は限られてますよね。

お互いの合意がある上でのキスなら、自分のタイミングでディープキスに切り替えても、多くのパートナーは気にしないでしょう。

フレンチキスをしている最中に、いきなり舌を入れることで、ゾクッとする相手もいるかも。小悪魔なシチュエーションとして、パートナーからの支持を受けるはずです♡

(3)エッチで相手が感じ始めたときに

エッチをしている最中に、前ぶりなく「あんっ……♡」と言ってる彼女に、そのまま舌を入れるのもおすすめ。喘いでるということは、口は無防備なはずです。

エッチの最中に限り、いきなり激しくディープキスをすることで、より彼女が感じてしまうことも。もちろん彼女が彼氏にやるのもアリ!

(4)吐息が漏れたら

フレンチキスをしているときにパートナーから、吐息が聞こえたら……。

それは、ディープキスしていい合図。舌を入れて、息をつく暇もないくらい攻めれば、さらに興奮する様子が見られるはずです! ディープキスは少し苦しいくらいがちょうどいいと感じるのは、きっと筆者だけではないでしょう。

 

4:ディープキスを極めよう

ディープキスは、そのシチュエーションや方法にひと工夫を加えることで、より相手を快感に導くことができると言えそうです。

息ができないくらいの激しいキスを、ぜひさまざまなシチュエーションとテクニックで楽しんでみてくださいね!