シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

キィー!甘いもの欠乏女子に「砂糖より低カロリー」厳選甘味料3つ

なんだか、無性に甘いものが食べたい時ってありませんか。そんな時は、無理に我慢しようとするとストレスが溜まり、ドカ食いにつながってしまうこともあるので、上手にストレス発散をしたいものですよね。

そこで今回は、砂糖の代わりに、甘みを感じられダイエットの味方になってくれる食材を、100gあたり384kcalの白砂糖(上白糖)と比較しながら、ご紹介します。

 

1:オリゴ糖

オリゴ糖のカロリーは、100gあたり約200kcalと、白砂糖よりも低カロリー。しかもオリゴ糖は、食後の血糖値の上昇度を示す、GI値(グリセミック・インデックス)の上昇がゆるやかで、砂糖より脂肪になりにくいといわれています。

さらに嬉しいことに、オリゴ糖には腸の中のビフィズス菌を増殖させてくれる、整腸作用もあります。便秘を解消してくれる効果も期待できるので、むくみの改善や代謝のアップにもつながる、ダイエットの味方です。

筆者は、無脂肪のヨーグルトに、オリゴ糖をかけて食べたり、砂糖の代わりにコーヒーに混ぜたりして代用しています。罪悪感なく、美味しく頂けてオススメですよ。

 

2:はちみつ

はちみつは、100gあたり約294kcalと白砂糖よりも低カロリー。しかも、ビタミンB2、B6、ビタミンC、ミネラルなど、体やお肌に嬉しい栄養素がたくさん含まれているので美容効果も期待できます。

ヨーグルト、パンケーキ、フルーツ、グラノーラなどにかけたり、カフェラテにかけたりと様々なアレンジが出来て、とっても便利な食材です。中でも、ヨーグルトにドライフルーツやナッツをトッピングし、上からはちみつをかけて食べるデザートが甘くて満足感もあり、美容効果も高いのでオススメです。

 

3:アガべシロップ

アガべシロップも、100gあたり約310kcalと白砂糖よりも低カロリー。輸入食材を扱うお店などで購入することができます。アガべシロップとは、メキシコや南アフリカなどが原産の植物から採れる甘味料のこと。オリゴ糖同様、GI値が低いことや整腸作用もあるのが嬉しい特徴です。オリゴ糖と同じように、ヨーグルトやコーヒーに混ぜて食べるとほんのり甘味を感じ、美味しく頂けますよ。

 

どうしても「甘いものが食べたい!」と感じる時には、我慢はもうやめて、低カロリーの甘味料を代替として効率よく取り入れ、ダイエットに成功しちゃいましょう。

 

【参考】

※ 食品成分データベース – 文部科学省