シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

カフェインの量が一番多いのはどれ?【初級編・紅茶検定♯6】

Q.カップ1杯のカフェイン量が一番多いのはどれ?

A.麦茶

B.紅茶

C.コーヒー

D.はとむぎ茶

答えは次のページへ。

正解は…C.コーヒー

【解説】

紅茶の茶葉とコーヒー豆のカフェイン含有量は紅茶の方が約2倍多いと言われていますが、カップ1杯あたりで比較すると、紅茶は約3gの茶葉を、コーヒーは約10gのコーヒー豆を使うため、紅茶のカフェイン量はコーヒーの約半分になります。ちなみに、麦茶とはとむぎ茶はノンカフェインです。

正解できましたか?

他にもカフェインは、緑茶やウーロン茶などにも含まれています。カフェインには眠気覚ましなどの覚醒作用や利尿作用があるので、就寝前は控えたほうがいいですね。このように知っておくと便利な情報も、紅茶検定で学ぶことができますよ。

___________________________________

【協力】

『紅茶検定』とは…

紅茶の歴史や文化、産地ごとの特徴、ブランド、器具、おいしい淹れ方、保存方法など、紅茶の楽しみ方を広げる知識を学ぶことができる検定試験。

検定名:紅茶検定

主催:紅茶検定実行委員会

実施日:2019年2月中旬予定

申込締切日:2019年1月上旬予定

『紅茶検定』公式サイトURL:https://www.kentei-uketsuke.com/tea/

 

撮影協力/Cha Tea 紅茶教室

取材・文/岸綾香