シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

オフィスでの好感大!簡単「胸きゅんDIY文房具」で女子力アップ

キャリアを積んでいる女性にありがちな誤解。そのひとつに対応がそっけなくなり”怖い人”だと思われてしまうことがあげられるでしょう。これは年齢に関わらず、きっちりした仕事ぶりや、言動によるイメージも大きいようです。

公私のキャラクターを別人格にしたほうが、仕事がしやすい場合もあるでしょう。しかし本人の狙いとは裏腹に、近寄りがたい人物像ができあがってしまうのは、少し悲しいですよね。

そこで、さまざまな企業と一緒に仕事をする筆者からの提案です。ほんの少し文房具に手を加えて、仕事中にも女性らしさが溢れるDIYに挑戦してみませんか? 手作りといっても、驚くほど簡単なのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

■古いバインダーに一工夫

オフィスグッズといえば、ニュートラルな色味または黒が一般的。でも持ち歩くのはあなたなのだから、自分好みに改造したって怒られませんよね。布も貼り付けられる万能グルーを使って、古びたバインダーを好みの布で覆ってみませんか?

コツはほとんどないといっても過言ではないほど簡単です。布を貼り付けたいものに万能グルーを塗布して、24時間程放置すれば完成です。今年流行しているフェイクファーを使えば、古いバインダーが大きめのクラッチ風に早変わり!?

 

■部署を回る、消耗品への工夫

書類を束ねるクリップ類は、機能重視で味気ないものです。そこで取り組みたいのが、クリップに加えるひと手間。部内を回覧されるものや、練り上げた企画書に使用するクリップに、オリジナリティを与えてみましょう。

用意するものは、ギフトラッピングなどについてきたリボンのみ。それも手元になければ、色紙でも代用できます。余り物の小さな布か紙切れを、リボン型にしてクリップにつけるだけです。

万能グルーでリボンの中心をガッチリと留めてしまえば、回覧している間に外れてしまい、余計な気を遣わせるリスクもなくなりますね。

使用が周囲に浸透すれば、あなたのところを通過した書類ということも一目でわかるようになります。家庭的な印象を残すこともできるので、婚活をしている人には一石二鳥かも!?

 

以上、簡単なの女らしさも上がる“DIYオフィス文房具”についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

最近は、アイディアが含まれた、職場で使いやすい付箋も多く販売されています。こうしたものを使って工夫してみるのも良いかもしれませんね。

 

【関連記事】

あわせて読みたい