シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

オイルをブースターに!?触れたくなる「なめらか肌」レシピ

この季節、乾燥によるメイクのノリの悪さに、お悩みの女性も多いのではないでしょうか? 朝しっかり保湿したのに、大事なイベントがある夕方にはすっかり乾燥してしまう……。メイク直しをしても、浮いてしまって余計にカサカサ肌に……。でも大丈夫! スキンケアの順番を替えるだけで、乾燥を防ぐことができるかも。今回は簡単なスキンケアで実現できる、なめらか肌レシピをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■まずは肌をオイルでほぐして!

スキンケアの最初に、化粧水をつける人は多いのではないでしょうか? 実は冬のお肌は、硬いつぼみのように閉じていることが多いです。まずは美容オイルで、素肌を撫でるようにマッサージするのが正解なのです。

(1)少量のオイルを手のひらに乗せて、人肌に温めてからゆっくりとお肌をほぐすようにマッサージします。
(2)化粧水をコットンに含ませて、肌になじませたら、パシャパシャと存分に水分を補給して。
(3)次に美容液をつけます。肌にまんべんなくつけたら、手のひらでハンドプレスして熱を加えて、肌の奥まで浸透させます。
(4)最後にクリームで密閉をしましょう。

「最初にオイルを塗ると、後から塗った美容液をはじいてしまうのでは?」と思いますが、少量を薄く塗ることがポイントです。オイルを薄く塗ると肌が柔らかくなるので、ブースター効果が期待できます。硬くなった肌に化粧水を塗っても浸透しにくいですが、オイルで肌を柔らかくすることで化粧水が浸透しやすくなるのです。


■内側からの乾燥は、タイミングの良い水分補給で!

水分は、たくさん摂れば良いというものではありません。美肌に近づくための「水分補給」には、タイミングがあるのです。
起床時や、食事中、入浴後や就寝前といった具合に、1日に数回に分けて、コップ1杯分の水分を補給することで、身体の中にまんべんなく水分が行き渡るそう。水分補給するタイミングを決めることによって、インナードライを克服できますよ!


これらを毎日のスキンケアに取り入れるだけで、見違えるほどにお肌がなめらかに。メイクもばっちりノって、意中の彼に触れたいと思わせたいですね。


(LBR編集部)

意外と知らない!「ポリフェノールと美肌」の関係とは?

ブースター的コスメでもっと浸透! もっと美肌! – X BRAND
乾燥肌に効く飲み物・有効な飲み方 – 自然派化粧品 オー デュ ナチュール
※神崎 恵著(2013)『会うたびに「あれっ、また可愛くなった?」と言わせる』P89参照(中経出版)