シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

エッチでイケない悩みを解消!イケない原因とイキやすい体になるために

1:エッチでイケないのはもったいない!?

エッチでイケないという女性の悩みを、筆者は何度も聞いたことがあります。またイケる人からすると「イケないなんてもったいない」という感想を持つようですね。

「エッチでイケないっていうのは、前菜だけ食べてメインディッシュに辿り着かない、みたいなもんですよね。そんなのもったいないですよ。だって、そのためにエッチしてるようなところありますから」(Nさん・31歳女性)

そんな話を聞くと、誰しもエッチでイケるようになりたいと思ってしまいますよね。

 

2:エッチでイケない女子たちの苦悩と原因5つ

それではエッチでイケないという女性に、その苦悩と原因について、居酒屋などでお話を聞いてきました。『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者であり、恋愛コラムニストの箱崎キョウコさんと一緒に見ていきましょう。

(1) 緊張してしまう

「イキたいって思えば思うほど、緊張しちゃうんですよね。彼氏のほうも、やっぱり相手にはイってほしいみたいで、“なんでイケないんだろうね……”って、ちょっと不満気味なんです」(Kさん・25歳女性)

箱崎:エッチの最中に緊張してしまうと、イキずらくなってしまうことがよくあります。なるべくリラックスしてエッチを楽しむようにするといいでしょう。「イキたい!」と思うよりも、そのほうがずっとイキやすくなるはずです。

(2) 彼氏が下手

「今の彼氏は、たぶんエッチが下手なんですよね。だからイケないんだと思います。元彼のときもいつもイケていたわけじゃないですたけど、それでもイケるときはしっかりイケてたんで。

でも、彼氏に下手だってことを伝えるのも気が引けるんですよね」(Iさん・27歳女性)

箱崎:セックスはパートナーがいて、はじめて成立するもの。パートナーが変わればセックスもガラッと変わることもあります。ですから、パートナー選びというのはとても大切。もちろん、努力してテクニックなどは上達しますが、相性というものもあります。

ひとりのときはイケるけど、セックスになるとダメって人も多いんです。もし、その不満がとても大きいなら、別れるという選択肢も考えてみるべき。

(3) イッたふり

「初めて彼氏とエッチをしたとき、彼が初めてっていうこともあって、私がイッたふりをしたんですよね。それで彼の自信がつくだろうと思って。

でも、それがよくなかった。いつも同じような単調なエッチの繰り返しになってしまって。今更言い出せないですし、演技なんかするんじゃなかったって思ってます」(Tさん・21歳女性)

箱崎:イッたふりをすると、男性の中にはそれをすれば彼女はイクと勝手に納得してしまう人がいます。Tさんの彼氏は、まさにそのタイプなんでしょう。女性からはなかなか「新しいことしてみない?」といった提案ができないかもしれませんが、マンネリ脱却のためにも、勇気を振り絞ることは大切です。

(4) 前戯不足

「私の彼って、面倒くさがりなのか、全然前戯をしてくれないんです。いつも手早くキスとかして、準備が整ったと思ったらするに入れたがる。

私の気持ちも乗ってこないうちにだから、全然気持ちよくないんですよ。だから、彼とのエッチでは全然イケません」(Aさん・26歳女性)

箱崎:女性にとって前戯は大切な時間。そこでどれだけ愛してくれるかで、エッチの満足度も全然変わってくるもの。男性の中にはすぐに挿入したがる人もいるので、そういう人の場合は、女性のほうから焦らしてみるのがおすすめです。

(5) 彼氏の持久力がない

「彼の持久力がまったくない。だから、私が気持ちよくなる前に、彼は終わっちゃうんです。そりゃイケないですよね。男性がイッたらエッチが終わりになることに、私は不満がありますね」(Iさん・28歳女性)

箱崎:男性の中には早漏な人もいます。最近ではそんな人のためのコンドームも売っていたりするので、使ってみると効果があるかもしれませんよ。

 

3:イケない自分にさようなら!イキやすい体になるには?5つ

エッチでイケない人の苦悩や原因はさまざまなものがある様子。ではそんな人のために、イキやすい体になる方法を箱崎キョウコさんにお伺いしました。

(1) リラックス

箱崎:まずはリラックスすることで、体の感度も変わってくるはずです。その状態で、彼の愛情を感じられるようなムードがあるエッチをすること。痛かったり、不愉快なものだと、セックスへの抵抗が出てきてイキずらくなってしまいます。まずはエッチを楽しむこと。楽しいことだという認識を持つことが大切。

(2) 彼氏とのコミュニケーション

箱崎:エッチでイケない人の苦悩や原因では、彼氏との相性や彼のテクニックが原因という声がたくさん聞かれました。エッチは相手がいてこそ成り立つもの。ですので、エッチのことを彼に話すのを恥ずかしいと思わず、「ここが気持ちいい」とか「こうしてほしい」ということをしっかり伝えることも重要なのです。

(3) ひとりエッチ

箱崎:エッチでイクためには、ひとりエッチでイク感覚を知ることも大事です。体を刺激に慣らしておくというメリットもありますし、自分の体のどこをどのように刺激すれば気持ちいいのかを把握しておくことできるでしょう。

自分を知ることも、イキやすい体になるためのひとつの方法です。しかし、くれぐれもやり過ぎには注意してください。ひとりエッチでしかイケなくなってしまう、なんていうことになりかねません。

(4) 道具を使ってみる

箱崎:エッチでどうしてもイケないという人は、道具を使ってみるのもひとつの方法です。

彼の愛撫ではどうしてもうまくイケないなんてこともあります。同じ刺激だけではマンネリ化してしまうことも。なので、ときにはそういった刺激を求めてみることもいいかもしれません。

(5) 性感帯の開発

箱崎:最後は性感帯の開発です。エッチをし始めたころは全然気持ちよくなかった場所も、何度も刺激を繰り返すうちに気持ちよく感じるようになった、ということは、女性では珍しくありません。

彼と一緒に時間をかけてじっくりとエッチをするうちに、意外な性感帯を見つけられるようになるかもしれません。時間はかかりますが、諦めずに根気強く頑張ってみてください。

 

4:相性は変えられないけど、テクニックでカバーできる!

いかがでしたか? 今回はエッチでイケない原因とイキやすい体になるための方法をご紹介しました。彼との体の相性は変えることができませんが、テクニックなどで補うことはできます。まずは彼と話し合って、自分たちに会ったエッチの仕方を見つけてみてください。

 

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・某国立大学文学部卒業。在学中からスナック、キャバクラなどでホステスとして勤務し、卒業後もOLをしながら夜の仕事にはげむ。2011年ライターに転身。現在はスナックのチーママでもある。女性の赤裸々なインタビューを得意とし、恋愛コラムニストとして活躍中。『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』『妄想ひとりHのススメ: 本物より気持ちいい』の著者。