シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

エッチしたくないと思う彼氏彼女の事情!エッチしたくないのに誘われたら…

1:エッチしたくない男女は多い

男女に関わらず、どちらかの「恋人とエッチはしたくない」という思いで、セックスレスになってしまうカップルはたくさいます。夫婦関係の中でも、エッチがないことに悩んでいる男女も多いのが事実。

その理由は、外的要因からセンシティブな内的要因まで、人それぞれです。まずは男女別に、恋人のエッチを断りたくなるときの理由として多いものをご紹介します。

 

2:彼氏とエッチしたくない…彼女たちの理由5つ

女性はどちらかというと、「エッチの満足度」に関する悩みを持っている人が多いでしょう。女性はどうしてもエッチの際受け身になりがち。なので、自分の望むようなエッチができないことや、その楽しみ方がわからないという人も多いですよね。

(1)エッチが気持ちよくない

自分自身の経験が少ない人の中には、「エッチがそんなに気持ちよくない、痛い」と感じてしまう人もいます。

本来、エッチは気持ちよく感じられるはずのもの。まずはセルフプレジャーなどで快感に慣れることや、自分の快感のツボを知ることも重要かも。

(2)彼の前戯が下手・経験不足

彼自身の経験が少ない場合も、女性がエッチを気持ちよくないと感じてしまう大きな原因になります。

特に指を入れられることは、経験が少ないうちは彼のほうも恐る恐る……。力加減がわからなかったり、指の爪が伸びていたりするかもしれません。そういうときは、なるべく外側を触ってもらったり、舐めてもらうように誘導したりするといいでしょう。

(3)彼とサイズの相性が合わない

セックスの相性といわれるものには、さまざまな要因があると思います。そのひとつが、サイズ問題。あなたに対して、彼が小さすぎれば挿入が気持ちよくありませんし、彼が大きすぎれば痛みを感じてしまうこともあります。

彼のモノが小さすぎる場合には膣トレ、大きすぎる場合にはローションを使うなどして、さまざまな工夫をしてみましょう。

(4)彼が遅漏or早漏

どちらも度が過ぎると困ってしまう遅漏や早漏……。

遅漏だと、エッチの時間が長くなって、女性側が痛みを感じることもあります。また逆に、早漏すぎて満足できないという人もよく聞きます。自分は全然満足できていないのに、2回戦もナシですぐに寝られてしまうと、だんだんその気にもならなくなっちゃうんですよね……。

それぞれ彼のほうに原因があるので、状況に合ったトレーニングを彼にしてもらうしかありません。

(5)キスするのがイヤ

これが意外と多いのですが、「エッチ以前に、そもそもキスするのがイヤだから、エッチも無理」という意見をよく聞きます。

ズバリ言ってしまうと、「じゃあ、なんでそんな人と付き合ってるの?」って感じてしまいですが……。一緒にいる時間が長いと、マンネリの延長で「家族」のような存在になってしまい、性行為をしたくなくなってしまったという悩みもよく聞きます。

 

3:彼女とエッチしたくない…彼氏たちの理由5つ

男性は、自分がリードしてエッチしなければいけないという責任感を感じてしまう人が多く、その責任に心や身体がついていかず、エッチがイヤになってしまうこともあります。

エッチのときには男性のほうが体力を使うので、そのモチベーションが重要になってくるようです。

(1)性欲が薄い男性もいる

男性は女性に比べて、どうしても「エッチが大好き」というレッテルを貼られがち。ですが、男性の中には「そこまでセックスが好きではない」「そもそもの性欲が少ない」という人もいます。

また、ひとりエッチはするけどセックスは苦手……という人もいて、よく女性に「なんでひとりエッチはするのに、私とはしてくれないの?」と怒られている人もいるよう。

そういう人たちは、ただ性欲を解消するための行為としてひとりエッチをしているだけ。セックスをするときにも、女性が気持ちいいかどうかを考える発想がないので、女性に不満が募るのです。

(2)肉体的に疲れている

エッチのとき、どうしても男性のほうが運動量が多くなります。それに、一説によると、男性がクライマックスに達するのときの消費カロリーは、100メートルを全力疾走した時と同じに値するんだとか……。

そうなるとやはり男性は、身体が疲れているときにはエッチがしんどいと感じてしまうようです。

身体が疲れていると、男性が途中で萎えてしまう「中折れ」も起こしやすいので、そういうときは無理にエッチせず、ゆっくり寝かせてあげましょう。

(3)エッチに自信がない・勃ちが悪い

男性の場合、勃たないとセックスができません。

勃ちが悪いのには精神的な理由が関与している場合があり、焦ったり自信がなかったりすると、勃ちづらいこともあります。

さらに、勃ちが悪い状態が何回も重なってしまうと、どんどんエッチに自信がなくなってしまい、その状況がイヤだからやりたくないという悪循環も、よく聞く理由です。

(4)性器に痛みを感じるとき

日常的にエッチの回数が多い男性の場合、しすぎることで痛みを感じることがあるという話もよく聞きます。

特に何日も続けてやったりすると、摩擦のせいでヒリヒリしてしまうことがあるそう。

使いすぎると痛みを感じやすいのは女性も一緒。なので、そういうときは無理せずに休ませてあげましょう。

(5)彼女に色気を感じなくなってしまった

男性の場合、長く一緒にいる女性に色気を感じなくなり、エッチが気乗りしなくなるというのもよくある話です。

女性は初期のバッチリメイクでデートしていたころに比べて、手抜きの様子が見えてくると、その落差を感じさせやすいです。いつまでも気を張っている必要はありませんが、かわいさはキープし続けたいところ。

 

4:エッチしたくないのに誘われた…断り方&対処法5つ

(1)「今日、生理なの…」

最も理由として使う人が多い、そして最も男性も諦めるしかないのが生理でしょう。たまに「生理中でもしたい」という男性もいますが、不清潔なのでおすすめはできません。ということで、生理という理由なら仕方がないかと思ってもらいやすいと思います。

しかし付き合いが長いなどで生理周期を把握されていると、ウソがバレることがあります。なので、周期はあまりきっちりと彼に教えないほうがいいかもしれません。

(2)「無駄毛処理してないからだめ!」「下着がダサいからだめ!」

理由としては強制力が低いので突破されてしまう可能性もありますが、あまり彼に「エッチしたくない」ということを悟られず、いったん先延ばしにしたいならこれでいいでしょう。

「あなたの前では完璧な私でいたいの……」と言っておけば、かわいらしく断ることができます。いつかはするかもだけど……というときの数回のお断りならこれでもいいかもしれません。

(3)お泊りやおうちデートを避ける

エッチに誘われやすいのは夜。特に宿泊が伴う機会にはエッチに誘われやすいので、そもそも泊まらないことで、「誘われる」ということ自体を回避できます。

同じような理由で、おうちデートも避けるべきでしょう。外デートしているだけなら、エッチに誘われるタイミング自体がだいぶ減ってくるはずです。

(4)休日に遊ばず、平日になるべく会う

休日はお泊りが断りづらいということもあり、なるべく平日に会うようにするのもひとつの手。

あまりに休日が空かないと、それはそれで不審がられることがあります。なので長くは使えませんが、平日ならより自然にお泊りを避けることができるはず。お酒をほどほどに抑えた食事だけのデートなら、このあとエッチしたいというムードも出づらいでしょう。

(5)「実はカンジタになっちゃって…」

変わり種ですが、「膣カンジタになった」というのも意外と使えます。「膣カンジタ」は、風邪などのちょっとした体調不良でもかかることもある女性の病気です。

症状として、膣内にかゆみがでたり、臭いがきつくなったりするので、したくない理由としてまっとうです。これで1〜2週間は、エッチを避けることができるでしょう。

 

5:エッチしたくない…性欲がわかない原因3つ

理由は多々あれど、「その気にならない」というのがいちばん悲しいことです。エッチが嫌いなわけじゃないけど、なんとなくそういう気分じゃない……。そうやって性欲が衰退してしまうのは、どういうときが多いのでしょうか。

(1)仕事などで疲れている

仕事や勉強などで疲れているときは、性欲が減退します。身体の中で「体力回復」の優先順位が高くなると、本能的に性欲がわかなくなる、ということもあります。

エッチはスポーツのようなもの。体力も時間も消耗することなので、忙しくて疲れているときは、無理してエッチしてものめり込めません。まずは睡眠時間をしっかり確保するほうが先決です。

(2)食生活や普段の生活習慣も原因に

そもそも普段から睡眠不足だったり栄養が足りていないことなども、性欲不振の原因になり得ます。

また、お酒の飲みすぎも勃起不全になる原因のひとつ。食事や睡眠など、規則正しい生活をすることで、体力の改善になる場合もあるので、健康のためにも、そしてよりよいエッチのためにも、生活習慣を見直してみましょう。

(3)恋人にのみ性欲がわかないなら、好意がなくなってしまったのかも

よく「ほかの人とはできるけど、恋人とのエッチだけがイヤになってしまった」という悩みも聞きます。マンネリだからという可能性もありますが、どちらにせよこれまではエッチをしていた相手と、一生エッチしないまま一緒にいるのは難しいでしょう。

もしも、相手に対する興味が全体的に低下してしまっているなら、その関係は潮時なのかもしれません。新しい相手になれば、またエッチできるという人もたくさんいますよ。

 

6:ひとりで悩まず、打ち明けてみない?

お付き合いするふたりの間で、身体の関係はとても重要です。自分自身がしたくなくなってしまった人も、彼に拒否されてしまっている人も、理由を考えるのも大事ですが、まずは彼に相談してみるというのもひとつの手。

セックスはコミュニケーションであり、ふたりで作っていくものです。ひとりで悩むよりも、ふたりで考えたほうが早く解決すると思いますよ。