シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

エッ…そんな効果も!? 近所で買える意外な「スーパーフード」3つ

アサイー、キヌア、ココナッツオイルなどの“スーパーフード”は、働き女子がが不足しがちな栄養素を簡単に取り入れることのできるうれしい食べ物。しかし、海外からの輸入がほとんどのスーパーフードは、海外製品を取り揃えるスーパーや、百貨店に行かなければ手に入りません。

そこで、忙しくて買い物に行く時間の働き女子にオススメなのが、身近で手に入る意外なスーパーフードです。なかにはコンビニや、どこのスーパーにでも置いてある定番のアイテム!

今回は美容ライターの筆者が、手軽に買える意外なスーパーフード3つをご紹介します。

 

■1:カイワレ

付け合わせなどで添えられるだけのカイワレを、なかなかメインで食べる機会は少ないかもしれません。しかし、じつはカイワレは栄養素が豊富なのです。

カイワレに含まれる『スルフォラファン』という栄養素には、体を守る酵素の生成を促し、活性酸素の除去をしてくれる役割があり、デトックス効果や便秘改善が期待できます。とくにブロッコリーのカイワレ(スプラウト)には、『スルフォラファン』が豊富に含まれています。

また、抗酸化物質も豊富なため、体の免疫をあげることができます。これからの季節、インフルエンザなども流行するので、積極的にカイワレを食べましょう。

 

■2:クコの実

クコの実とは、杏仁豆腐の上にちょこんと乗っている赤い木の実のこと。中国では古くから、漢方薬の材料として使われるほど、栄養価の高いスーパーフードとして知られています。

とくに、シミの生成を防ぐビタミンやβ-カロテン、ポリフェノールを多く含み、エイジングケア効果もあるそう。女性ホルモンに働きかけてバランスを整える作用もあるので、生理前などに摂取すると良いかもしれません。

 

■3:ナッツ類

カロリーが高いからと、敬遠しがちなナッツ類ですが、じつは最も手軽に安価で手に入るスーパーフードなのです。

抗酸化作用やコレステロール値を下げる役割の他に、便秘解消の効果も期待できます。それはナッツ類に含まれるビタミン、ミネラル、鉄分、食物繊維のおかげ。

カロリーは高いですが、糖質は少なく、食べ応えもあるので満腹感を得られやすいメリットもあります。一日の摂取量を決めて、仕事中の間食としてナッツを取り入れてみてください。

 

以上、今回は手軽に買える意外なスーパーフード3つをご紹介しましたが、いかがでしたか?

一大ブームを巻き起こすようなスーパーフードは、日本に入ってきたばかりだと新鮮に目に映り、注目を集めます。しかし、じつは日本に古くからあるものや、普段何気なく口にしている食べ物もスーパーフードだったりします。

忙しくて食生活が乱れていると感じる時ほど、これらのスーパーフードを取り入れてみてくださいね。

 

【参考】

あわせて読みたい