シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

ウエアも髪型も…実は超大事!「ヨガタイムを最高に充実させる」方法

筋肉を刺激したり、柔軟性を高めたりすることで、スッキリとしたスリムな体を目指せる“ヨガ”。その他にも、体のコリがほぐれたり、ストレスが軽減されたりと、働き世代の女性に大人気ですよね。

ですが、ヨガに適さないウエアやヘアスタイル、ヨガ前後の行動のせいで、本来期待されるような効果を得られないことも……。

そこで今回は、ヨガで効果を得られない方必見! ヨガタイムを100%充実させるための方法をご紹介します。

 

■1:NGなヨガウエア4選

まず最初は、『美レンジャー』の過去記事「イメージで選ぶと…イタいことに!“勘違いヨガウエア”4選」を参考に、ヨガの効果を下げてしまうNGなヨガウエアについてお伝えします。

(1)ヨガの種類に合っていないウエア

(2)スポーツウエアではないボトムス

(3)ビキニトップ+ショートパンツ

(4)ガードルやワイヤーブラ

ヨガには、さまざまな種類があります。特に、ホットヨガをするときは汗をたくさんかくので、重ね着はしない、厚手のものは着ないなど、種類に合わせて工夫をするとよいでしょう。

 

■2:ヨガに適したヘアスタイル

続いては、ヨガをするときのヘアスタイル。ダウンスタイルは、上を向いたり下を向いたりと動くたびに邪魔になってしまうので、オススメではありません。そして、みなさんがよくしているポニーテールも、実は適しているとはいえないのです。

ヨガに適したヘアスタイルは、「ゴム2本で…劇的可愛い“無造作ヘア”!ヨガにもオススメ簡単アレンジ」を参考にしてみてください(写真あり)。

(1)髪がたわまないポニーテールを作る

(2)三つ編みを作ってほぐす

(3)お団子にする

(4)トップの髪を引っ張り出す

 

■3:ダイエット効果を高めるコツ

最後は、ホットヨガでダイエット効果を高めるコツ。「秋冬の運動不足解消に!“ホットヨガ”でダイエット効果UPのコツ3つ」では、ホットヨガの前後に下記のような行動を取ることをオススメしています。

(1)レッスン前後にリンパマッサージ

(2)水分補給はしっかりと

(3)レッスン後の食事は時間を空けて

ホットヨガの後は栄養を吸収しやすくなっているので、脂肪や油、糖分の少ない食事を心がけましょう。

 

いかがでしたか? ヨガをもっと楽しく、効果的に行うための参考にしてみてくださいね。