シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

イチャイチャ減少でアノ毛が増加!「濃くなる体毛」に関する意外な話

体毛の濃さで悩んでいる方はいませんか? 毛深いと、彼と会うときにちょっと緊張してしまったり、ふとした時の男性の視線が気になることもあるでしょう。

ただでさえ消えてほしい体毛。それなのに、最近は年々毛深くなってしまう女性が増えているそうです。モデル兼タレントの鈴木奈々も、なんとギャランドゥが生えてきたとか! 

そこで今回は、2015年9月22日に放送された『真夜中の保健室 有吉先生が誰にも言えない女性の体の悩みきいてあげます…』(日本テレビ系)の内容を参考に、年々毛深くなる原因と、体毛が気になる方がやるべき正しい対策法をご紹介します。

 

■彼とのイチャイチャが減ると毛深くなる?

同番組で、最近毛深くなったことを告白した鈴木奈々。下の毛や太ももの毛が濃くなり、ギャランドゥまで生えてきたというから驚きです。その原因は、「夫とのイチャイチャが減ったからでは」 と心配していました。

専門家として出演した対馬ルリ子医師によると、「イチャイチャが減ったことが原因であるとも考えられる」と指摘。愛する彼とのふれあいが少なくなると、女性ホルモンより男性ホルモンが優位になることがあるのだとか!

忙しい日々を過ごしている方は、彼との時間を作るようにしないと、どんどん毛深くなってしまうかも!?

 

■ヒゲが生えて頭は薄くなる女子も……

番組では、鈴木だけでなく、渡辺直美、大久保佳代子も、最近ヒゲが気になるようになったことをカミングアウト。渡辺に関しては、シャープペンシルのHBくらいの濃さのヒゲが生えることもあるようです。

さらに怖いのが、渡辺はヒゲが生えると同時に、髪の毛が薄くなってきたと感じているそう。仕事をがんばりすぎて、男性ホルモンが優位になってしまっているのかもしれません。

 

■毛が気になったら今すぐ始めるべき対策法

では、体毛の濃さ、ヒゲ、髪の薄さが気になったらやるべきことをご紹介しましょう。

(1) 納豆を食べる

ご存じのとおり、納豆には女性ホルモンに似たはたらきをする大豆イソフラボンが含まれています。対馬ルリ子医師によると、1日2パック分が適量だそうです。

内閣府の食品安全委員会では、大豆イソフラボンの一日摂取目安量の上限を70~75mgとしています。納豆は1パック(50g)あたり約37mg。摂りすぎには注意して。

(2)ヒゲは週1回剃るのがベスト

ヒゲが生えたら、焦って毎日のように剃ってしまいそうですが、それは肌を傷つけるのでNG。気になったら、週に1回程度剃るようにしましょう。

(3)ストレスケアも忘れずに

男性ホルモンが優位になってしまう原因の1つが、ストレスです。アロマの香りでリラックスしたり、軽いストレッチを行うようにするとよいでしょう。呼吸を重要視するヨガは、メンタルにもよいと考えられています。1日1ポーズでもよいので、はじめてみて。

 

毛が濃くなると、彼の前で縮こまってしまったり、人の視線も気になってしまいます。毎日納豆を食べて、リラックスする時間を作ることを忘れないように心がけましょう。

 

【参考】