シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

イタタ…脚パンパン!働き女子の悩み「足のむくみやだるさ」の癒し方

立ち仕事でも座り仕事でも、何時間も同じ姿勢のままだと足がむくんでパンパンになってしまいます。その結果、1日の終わり頃には、パンツや靴がきつくなったり、足が痛んだりで大変なことに……。

そんな足のむくみやだるさに悩むのは、あなただけではありません!

そこで今回は、テルモが行った“足のむくみ・だるさ”に関するアンケート調査結果と、その解消法についてご紹介しましょう!

 

■女性の90%が足の痛みを感じる

調査は、30代から60代の全国の一般の男女1,000人(男性:489人、女性:511人)を対象に行われたもの。

まず、「足に何らかの違和感を感じたことがある」という質問では、女性で「たまに感じる」と答えた人が48.5%、「よく感じる」人が41.5%で、計90%の人が足に問題を抱えていることがわかりました!

中でも、“2時間以上立ち仕事の人”が一番足に違和感を感じると判明。同じ姿勢でずっと立っていることで、やはり足に負担がかかってしまっているようです。

次に、「足のために行っていることはなんですか?(複数回答)」と尋ねると、1位は「足を動かす(軽く伸ばす、回す、曲げるなど)」(56.6%)、2位「お風呂に入る」(42.2%)、3位「睡眠・休息をとる」(37.2%)という結果となりました。

 

■むくみ足の癒し方

働き女子にとって足のむくみはつらいものです。でも、むくみを放っておいたらダメ。1日の終わりにはきちんと対処して、明日に備えましょう。

ハワイでマッサージセラピストを務めるRikaさんに、むくみの対処法をうかがいました。

「足がむくんだら、お風呂に入って患部を温めた後、冷水をかけて冷やしてみてください。その温冷療法を何度か繰り返すと、足がすっきりします。その後は、足のむくんだ部分をマッサージすると、大抵のむくみはすぐに消えます。フットバスもいいアイデアですね」とRikaさんは言います。

「お風呂を上がった後は、お気に入りのボディクリームやオイルを使ってまたマッサージ。その後はベットやソファに枕やクッションを使って高くした部分に足を上げて、ゆっくり休むこと。そのまま寝ても効果があります」ということです!

これなら、翌朝までにはスッキリした足に戻っていそうですね!

 

以上、足のむくみ・だるさについての調査結果と、その解消法についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

むくみは放っておいてはダメ。毎日仕事を頑張っているご褒美に、休日にマッサージに行くのもいいかもしれませんよ!

 

【取材協力】

Rika(りか)・・・マッサージ・セラピスト&ライフ・コーチ。北海道札幌市出身。 着付け講師として大手呉服店やTVコマーシャルの着付けなどで活躍後、2002年ハワイ移住。旅行会社などで勤務後、2005年にハワイ州マッサージ・セラピストの免許を取得。有名ホテルのスパなどで勤務して経験を積んだ後独立し、『Moani Day Spa』を起業。ホノルル市内に施術サロンを構えるほか、出張マッサージサービスやライフコーチングもこなし、ハワイでヒーリングリトリートも開催。

あわせて読みたい