シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

イケメン鍼灸師が教える!顔のおブス化が進むNG日常行動3つ

知らず知らずのうちに積み重ねている行動が顔のおブス化に繋がっていること、ご存知ですか? スマホを同じ方の手でフリックしたり、テレビの位置が正面ではなかったり、いつも決まった向きで寝ている人は要注意ですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■日常生活が積み重なって顔はブスになる!?

大阪市内でトップクラスの鍼灸整骨院である、こいずみ鍼灸整骨院。東京エリア3つ目の店舗として、今月8日に「大森2」がオープンしました。そんな大森2のイケメン院長・森裕之さんに、「顔の歪み」について伺ったところ、意外な日常行動にその原因が潜んでいることが明らかになりました。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■日常生活に潜んでいる!? 顔が歪むNG行動3つ

(1)スマホを同じ方の手で操作する

今の時代、一日中スマホをいじっているという人も少なくありません。大抵の人は利き手でスマホを操作しているかもしれませんが、同じ方の手をずっと使うことで、片方の腕や指だけに負担がかかってしまいます。さらに、首や顔も同じ方ばかりを見てしまうので、体や顔が歪み、シワや巨顔、むくみを引き起こしてしまうことも。スマートフォンを操作する際は、決まった手や指ばかりを使わず、まんべんなく両手でフリックなどをするように心がけましょう。


(2)テレビの位置が正面ではない

体の正面にテレビがないと、どうしても変な体勢でテレビを観ることになってしまいます。時々であれば構いませんが、いつも体をひねった状態で座っていると、顔や体の歪みが悪化していってしまうもの。テレビを見る時の定位置が正面ではない場合、ソファや椅子の位置を模様替えしてみるのも手。


(3)毎晩同じ向きで寝る

眠りに就く際、毎日同じ向きで寝ていると片方の顔に体重がかかり、顔のどちらかだけが凹んで見える顔のアシンメトリ化が進んでしまいます。なるべく連日同じ向きで眠らないようにするか、入眠の際だけでも良いので仰向けで眠るようにしましょう。


顔のおブス化を防ぐ方法は、毎日の積み重ねが大切なようです。今回ご紹介した3つを意識して、顔の歪みを防ぎましょう。また、もっと顔の歪み改善について知りたいという人は、森先生に相談に乗っていただくのもおすすめですよ!


(前田紀至子)

【取材協力】
こいずみ鍼灸整骨院 大森2 
〒143-0016大田区大森北1-13-13 ヤマニビル1F(大森銀座商店街ミルパ内)
TEL:03-5493-5123