シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

イケアに世界のスパイス料理が大集合! インドカレーやバッファローチキンなど各地の料理が格安で食べられるよ〜!


オシャレな家具だけでなく、おいしくてリーズナブルな料理も魅力の「イケア」。2019年6月27日から8月4日までの期間限定で、「ワールドスパイシーフェア」なるイベントが開催されますよー!

イケアレストランに世界のスパイス料理が集合するのは今回が初。4種類のカレージャークチキン、激辛ソーセージなど食欲をそそる香りと刺激的な辛さを楽しめるメニューの数々は、夏バテしがちな暑い時期にピッタリです!

【世界のカレー4種が勢ぞろい】

スパイス料理の代名詞ともいえるカレーは、南インドで定番の野菜をたっぷり使ったサンバルカレーや、スパイスが効いたラッサムカレー、挽肉を使わずにソイミートで作ったキーマカレーなど4種類が登場。

中には2種のカレーとレモンライスがセットになった「ツインカレー」(699円)なるメニューも。いろいろな国のカレーを1か所で楽しめるって最高かも!

【お肉を使った各国のスパイス料理も!】

ここで他のメニューもいくつか。「ジャークチキンマンゴーサルサ添え」(1090円)はジャマイカの郷土料理として知られるジャークチキンがお皿にドーン! ハーブのさわやかさやスパイスの旨味をレモンライスとともに堪能して。

「バッファローチキンウイング」は、名前のとおりニューヨーク州バッファロー発祥のアメリカ料理で、鶏肉の手羽を素揚げにし、辛くて酸っぱいソースを絡めた一品。これもイケアならブルーチーズソースまでついて399円というお値段です!

【この夏はイケアでスパイス料理!】

ほかにも「ローストビーフマンゴーサルサ添え」(1290円)や「白身魚のスパイシーマリネ:セビーチェ」(399円)、「ファイヤーソーセージ」(199円)など気になるメニューがいろいろ。これって家族や友人同士でシェアし合うのも楽しそう! 何皿か食べてもお財布に響かないからうれしいですね。

この夏、刺激が欲しくなったらイケアに行ってスパイス料理を堪能……なーんてチョイスも大アリですよ!

参照元:イケア・ジャパンプレスリリース
執筆:鷺ノ宮やよい (c)Pouch