シゴト・オトコ・キレイ-オンナ目線のキュレーションサイト

アレの話はゼッタイにやめて!「オンナがウソをつくべき時」3つ

“正直は最良の策”とは言いますが、いつも本音で語り合っていたら、常にカップルの間でケンカが勃発してしまうでしょう。なので、相手を傷つけるウソはいけませんが、お世辞や健康的なウソはアリと言えます。

そこで、海外女性向け情報サイト『YourTango』に掲載された記事を参考に、“オンナがウソをつくべき時3つ”をお届けします。これを読んだら、恋愛を円滑に進めていくには、多少のウソは欠かせないことがわかると思いますよ!

 

■1:ちょっと気になる人がいる時

世の中にこれだけたくさんの異性がいれば、恋人以外に好みの男性が現れる可能性は十分あります。浮気するつもりはなくても、その人が現れたらチラチラとチェックせずにはいられない……。そんなあなたの様子に恋人が気づいて、第3の人物のことが好きなのか聞かれたら、どうすればいいでしょうか?

答えはもちろんはNOです! 決して、あなたが他の男性に心惹かれているなどと言ってはいけません。どうしても、その人物について何か言いたいのなら、女友達に聞いてもらいましょう。ちょっと気になる程度でも、恋人が知ったら傷ついてしまいます。

そこから二人の関係に亀裂が入る可能性だってあるので、余計なことは言わないに限ります。

 

■2:センスが悪いプレゼントも気に入ったフリ!

もし、あなたが一生懸命選んだプレゼントを、彼にけなされたらどう思いますか? 傷つきますよね? それは彼だって同じです。男は女性へのプレゼントを選ぶのが苦手です。特にジュエリーなどロマンチックなギフトは、何を選べばよいのかチンプンカンプン!

なので、センスの悪いプレゼントをもらうこともあるかもしれませんが、ウソでも喜ぶフリをしてあげてください。そして、彼とのデートの時に身につけるなど、ちゃんと使っていることを伝えてあげるのです。

あなたが彼のプレゼントにケチをつけたら、彼は二度と、何か買ってあげようという気にはならないでしょう。何ももらえないよりは、あなたを喜ばせたいという気持ちがこもった何かを、プレゼントされるほうがよいのではないでしょうか。

 

■3:彼の友達が嫌い

自分の恋人になる男性は選べても、彼の友達までは選べません。なかには、あなたが気に入らない友達だっているでしょう。ですが、あなたと出会う前にも彼の人生は存在していたわけで、彼の生活に関わってきた人を全面否定するのはやめましょう。

彼の友達とソリが合わないのなら、会わなければよいだけなので、悪口などは言わないように気をつけたいものです。

 

健康的なウソなら、それほど罪悪感を覚える必要はありません。大人としての配慮だと思って、お互いに気持ちよく恋愛関係を築けるように、ぜひ参考にしてみてください!

 

【参考】